Altキーの使い方解説!Excel・PPTをショートカットで作業スピードを格段に上げる方法!

こんにちは。ExcelやPPTを使いこなす、ユージーン(@Eugene_no2)です!

わたしは、ExcelやPPTを使った作業スピードは、同僚に比べると圧倒的に早い自身があります。

その裏づけとなるテクニックの一つが、Altキーのショートカットの使い方。

今回は、Altキーのショートカットを使ってExcelやPPTの作業スピードを格段に上げる方法をご紹介。

そもそもAltキーとは?

そもそも、Altキーってあんまり使うことがないので、知らない人も多いかも知れません。

機種にもよりますが、だいたいキーボードの左下のほう(ShiftキーやCtrlキーの近く)にあるはずです。

Altキーは「オルトキー」と読み、Altは”Alternate”(=代わりの、代替の)の略。

はっきり言って、使わなくても何とかなるキーなのですが、使うと色々と作業のスピードアップを実現する「実は使える子」なんですね。

ちなみに、この記事の内容とは関係ありませんが、Altキーを押しながらTabキーを押すと作業ウインドウを切り替えることができます。

マウス操作でポインタ(矢印)を動かして操作するより、よっぽどスピードが速いので、ぜひ使ってみてください。

Altキー活用でExcelやPPTの作業スピードはアップする!

先ほど触れたように、使わなくても何とかなるのがAltキー。

でも、これまではマウスを動かしてカーソルを合わせて操作していたことが、Altキーを使いこなすと、キーボード操作だけで出来るようになるんです。

慣れてしまえば、マウス操作よりも、キーボード操作のほうが圧倒的に早いですから、作業のスピードアップを実現することができます。

合わせて読みたい マウスを使わないでパソコンを操作したい理由
ふだん、仕事やブログを書くときに、パソコンのマウスは一切使いません。わたしがマウスを使わない4つの理由について。

特に、ExcelやPPTなどのMicrosoftOfficeの操作ではAltキーのショートカットは非常に便利で、多くの人がマウス操作で行っているであろう、リボン(メニューバー、ツールバー)の操作を、Altキーを使えば、キーボード操作だけで実現できてしまいます。

セルを塗りつぶすのも、フォントを変更するのも、オートシェイプの線や塗りつぶしの色を変えるのも、キーボードだけで出来てしまうんです。

試しに、Excelを開いている状態で一度、Altキーを押してみてください。すると、リボンの部分の各メニューに小さな四角で囲まれたアルファベットが出てくるはずです。

あとはこのアルファベットのキーを押すと、そのメニューが選べる、実行できるという、ただそれだけのことです。難しくはありません。

このように、Altキー → アルファベットキー(ショートカットキー)であらゆる操作が出来るのですが、よく使う操作については、押すべきキーボードを頭で覚えてしまうのがオススメです。

例えば、わたしが覚えている方法の一つ。Excelで選択しているセルを「塗りつぶしなし」にするには、

Alt → H → H → N <セルの塗りつぶしなし>

という操作になります。

え、4つも押すの?と思うかも知れませんが、4つ押したところで0.5秒もかかりません。これは覚えてしまったほうがお得なのです。

ではここからは、イメージを持っていただくためにも、わたしが覚えているショートカット操作をいくつか紹介していきます。

Excel・PPT共通:Altキー活用でオートシェイプを挿入

テキストボックスあるいは、各種の図形を挿入することができます。

Alt → N → SH → 上下左右 <挿入する図形を選択>

Nが何の略か分かりませんでしたが(New?)「挿入」を意味します。SHはShape(シェイプ)の略と思われます。

Excel・PPT共通:Altキー活用で文字の書体や色を変更する

Excelのセルの文字や、オートシェイプの文字の書体や色などを変えることができます。

Alt → H → F → F <書体の変更>
Alt → H → F → C <文字色の変更>
Alt → H → F → S <文字サイズの変更>

HはHome(ホーム)、FFはFont-Family(書体)、FCはFont-Color(色)、FSはFont-Size(サイズ)の略ですね。何の略なのかを知っていると覚えやすいでしょう。

Excel・PPT共通:Altキー活用で文字列を上下左右寄せ・中央揃え

Excelのセルの文字やオートシェイプの文字を、上下左右に寄せたり、中央に揃えたりできます。

Alt → H → A → T <上寄せ>
Alt → H → A → M <上下中央寄せ>
Alt → H → A → B <下寄せ>
Alt → H → A → L <左寄せ>
Alt → H → A → C <左右中央揃え>
Alt → H → A → R <右寄せ>

ATはAlign-Top(上)、AMはAlign-Middle(中央)、ABはAlign-Bottom、ALはAlign-Left(左)、ACはAlign-Center(中央)、ARはAlign-Right(右)の略です。

Excel:Altキー活用でセルの色を変更する

選択したセルの色を変えることができます。

Alt → H → H → 上下左右 <色の選択>
Alt → H → H → N <塗りつぶしなし>

実際にやってみると分かりますが、Alt → H → H と押した時点でこのような画面になります。

そのままEnterを押せば白になり、上下左右のカーソルで色を選ぶこともできますし、さらにNを押すことで、「塗りつぶしなし」にすることが出来ます。

最初のHは、Home(ホーム)の頭文字ですが、2番目のHは調べても分かりませんでした。NはNonやNothingのNでしょう。

Excel:Altキー活用でセルの統合・解除

選択したセルの統合、あるいは解除ができます。

Alt → H → M → C <セルを統合して中央揃え>
Alt → H → M → M <セルを統合>
Alt → H → M → U <セルの統合を解除>

MはMerge(統合)、CはCenter(中央)、UはUnmerge(統合解除)の略だと思われます。

Excel:Altキー活用で「折り返して全体を表示する」

選択したセルに、セルの幅よりも長い文字列が入っている場合に折り返す「折り返して全体を表示する」の操作ができます。

Alt → H → W <折り返して全体を表示する>

WはWrap(折り返し)の略のようです。もう一度同じ操作をすることで、元に戻すこともできます。

PPT:Altキー活用でオートシェイプの線の色・太さなどを変更

オートシェイプの線の色や太さ、タイプを変更することができます。

Alt → H → S → O → N <線なし>
Alt → H → S → O → 上下左右 <線の色の選択>
Alt → H → S → O → W <線の太さの選択>
Alt → H → S → O → S <実線/点線の選択>

SOはShape-Outline(輪郭=線)、NはNon(なし)、WはWidth(太さ)、SはStyle(スタイル)の略でしょう。

Excelの場合は、Alt → H → S・・・ ではなく、Alt → JD → S・・・となります。JDは「描画ツール」のことらしいです。ややこしいですね。

わたしはExcelでオートシェイプを使うことがほとんどないので、このショートカットは覚えていません。

PPT:Altキー活用でオートシェイプの塗りつぶしを変更

オートシェイプの塗りつぶしの色を変えることができます。

Alt → H → S → F → N <塗りつぶしなし>
Alt → H → S → F → 上下左右 <塗りつぶし色の選択>

FはFill(塗りつぶし)の略です。

線の変更と同じく、Excelの場合は、Alt → JD → S・・・ となります。

自分がよく使う操作のAltキーショートカットを覚えよう

さて、この記事では、わたしが記憶している(=よく使う)ショートカットを紹介しましたが、一例に過ぎません。

紹介した例に限らず、自分がよく使う操作が、Altキー+ショーカットではどのようになるのか、覚えておくことをお勧めします。

最初は使いにくかったり、間違えたりするかも知れませんが、慣れてくると躊躇なく、そしてマウスを使うよりも圧倒的に早く、操作をすることができるようになります。

Altキー+ショートカットを使いこなせるようになると、作業スピードが格段に上がったことを実感できるはずです。

Excelを使いこなしたい人に向けた、お役立ち情報を発信しています。興味があればぜひこちらのページもどうぞ。

合わせて読みたい Excelの便利な活用術・実践的な工夫・小技まとめ
当ブログではたびたび、他のサイトには載っていないような、Excelの便利な活用方法や、実践的な工夫・小技などを紹介しています。