ANAブロンズのメリットは?到達して感じた魅力の無さ

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

仕事で飛行機に乗る機会が多かったため、ANAブロンズステイタスに到達しました。

ANAの3段階ある上級会員(プレミアムメンバー)の一番下のランクです。

そこで今回は実際になってみて感じた、ANAブロンズステイタスのメリットまとめ。

ANAブロンズステイタスになるには?

始めに、そもそもANAブロンズステイタスについてですが、ANAのステイタス会員のうち一番低いランクで、1月から12月の一年間で、プレミアムポイントを30,000ポイント溜めることで到達します。

ANAのシュミレーションから計算した達成の目安はつぎの通り。

  • 羽田-伊丹往復(約2,500ポイント)なら、約12往復すればブロンズ到達。
  • 羽田-沖縄(那覇)往復(約6,700ポイント)なら、約5往復すればブロンズ到達。
  • 羽田-ロサンゼルス往復(約17,000ポイント)なら、約2往復すればブロンズ到達。

海外に行く機会がある人なら、あっという間に到達できるステイタス、それがブロンズです。

ANAブロンズのメリットは?

では、ブロンズステイタスになるとどのようなメリットがあるんでしょうか?

実際になってみての感想をまとめておきます。

といっても正直、メリットと呼べるようなメリットが無いなぁというのが個人的感想です。

ブロンズはラウンジに入れるの?

航空会社のステイタス会員の魅力として真っ先に思い浮かぶのが、空港ラウンジの利用ですよね。

ANAも主要空港を中心に、国内の多くの空港にラウンジがあります。

ではブロンズメンバーはラウンジに入れるのかというと、入れません

正確に言えば、ラウンジには入れるんですが、入るのに1,000マイルを消費してしまうんです。

せっかくなら、マイルは消費せずに貯めておきたいですよね。

ブロンズの一つ上のランク、プラチナステイタス以上になると、ラウンジはマイルを消費する事なく、もちろん無料で入れます。

それを考えると、マイルを消費してまでラウンジに入りたいとは、わたしは思えず、メリットとは言い難いなという印象です。

ブロンズは優先搭乗できるの?

もう一つ、ステイタス会員の特典として有名なのが、優先搭乗ですよね。

機内に早く乗り込むことで余裕を持って出発準備が出来ます。

ところが、、、ブロンズステイタスでは優先搭乗は出来ないんですね。うむむ。

結局のところ、ANAブロンズのメリットって?

ラウンジにもタダでは入れず、優先搭乗もない!

じゃあいったいANAブロンズのメリットって何?!と思い、調べてみました。すると、

  • 専用サービスデスク
  • 手荷物許容量の優待
  • 空席待ちの優先取り扱い

などがありました。

うーん。確かに特典ではありますが、まず使わないものばかりですねぇ(笑)

正直言って、ブロンズステイタスって全然メリットないなと思ってしまいました。

たぶんそう感じてる人も多いんじゃないですかね。

マイルが早く貯まる!ANAアメリカン・エキスプレスカード

本格的なメリットはブロンズよりプラチナから!

強いてブロンズのメリットを挙げるとすると、到達したことのお知らせがANAから届くことで、次のステージであるプラチナステイタスへの到達を意識できるというくらいでしょうか。

30,000ポイントでブロンズ、50,000ポイントでプラチナ、100,000ポイントでダイヤモンドに到達します。


ANAより

そしてANAのステイタス会員としてのメリットを本格的に享受できるのは、プラチナからなんですよね。

ラウンジ利用や優先搭乗はプラチナからなんです。

ブロンズはプラチナへの道半ば過ぎ。ブロンズまで到達できたならば、ぜひプラチナを目指すのがオススメです!

プラチナに到達して感じたメリットや魅力はこちら。

これぞ最上級会員!ダイヤモンドに到達した感じたメリットや魅力はこちら。