ANAダイヤモンドのメリットは?スイートラウンジの魅力も紹介!

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

仕事で飛行機に乗る機会の多いわたしですが、ついにANAダイヤモンドステイタスに到達しました。

言わずと知れた、ANAの最上級会員です!

今回はANAダイヤモンドステイタスにどんな魅力があるのかや、ダイヤモンドの一つ手前であるプラチナとの違い、について実際に感じたことを中心に書いてみます。

プラチナステイタスのメリットや魅力はこちら。

ダイヤモンドステイタスに到達するには?

ANAダイヤモンドに到達するためには、とにかく飛行機に乗るしかありません。

乗ることでマイルとは別に付与される「プレミアムポイント」を溜め、1月から12月の一年間で100,000ポイントに到達すれば、翌年はダイヤモンドサービスが受けられます。

残念ながら、翌年も100,000ポイントを達成しないと、ダイヤモンドステイタスは継続出来ません。

ANAのWEBサイト上のシュミレーションを元に計算すると、ダイヤモンド到達の目安はつぎの通りです。

  • 羽田-伊丹間(往復約2,500ポイント)なら、約40往復すればダイヤモンド到達。
  • 羽田-沖縄(那覇)間(往復約6,700ポイント)なら、約15往復すればダイヤモンド到達。
  • 羽田-ロサンゼルス間(往復約17,000ポイント)なら、約6往復すればダイヤモンド到達。

国内線だと相当数乗らないと達成出来ないですね。定期的に国際線に乗る人なら達成出来そうですが。

さすが最上級会員となると、簡単には手が届きませんね。

ANAダイヤモンドステイタスの魅力

では、ここからは、実際に到達してみて感じた、ANAダイヤモンドステイタスの魅力について書いていきます。

多くのメリットは、プラチナと共通

まず、ダイヤモンドステイタスは最上級会員のため、一つ下のプラチナステイタスで得られる恩恵は、そのまま受けることが出来ます。

ANAプラチナのメリットはこちら。

ダイヤモンドは座席指定が最優先

プラチナステイタスでも、予約時に一般には解放されていない前方の座席を優先的に確保出来ますが、ダイヤモンドステイタスでは更に前方まで(全ての座席から)選ぶことが出来るんです。


ANAより

やっぱり前方の座席って、乗り降りがスムーズで快適です!

ダイヤモンドしか入れないスイートラウンジとは?

さて、上級会員の最大のメリットと言っても過言じゃないのが、ラウンジの利用じゃないでしょうか。

実は、ラウンジは1種類ではなく、プラチナ以上のステイタスと、ANAスーパーフライヤーズカード会員が入れる通常のラウンジの他に、ダイヤモンドしか入れないスイートラウンジなるものがあるんです。

通常のラウンジの様子は、前回の記事「ANAプラチナのメリットと魅力」で写真付きで紹介していますのでぜひご覧下さい。

まず、羽田空港国内線には、ダイヤモンドメンバー専用のチェックインカウンターや保安検査場があります。こちらが入口。

この「スイートチェックイン」を通過すると、搭乗ロビーに出ることなく、ラウンジに直接行くことができるんです。

エスカレーターを上がるとラウンジです。

プラチナメンバーや、スーパーフライヤーズカード会員が入れる通常のラウンジは3階、そしてダイヤモンドメンバーしか入れないスイートラウンジは、さらにエスカレーターで上がった4階にあります。

スイートラウンジの特徴を一言でいうと、ラグジュアリー、でしょうか。通常のラウンジとは異なり、装飾が鮮やかです。

天井や柱に植物や、水の流れが使われていて、非常に落ち着く空間です。

座席の様子。もちろん、一人用、団体用、パソコン作業用など、いろいろな席がありますが、席自体は通常のラウンジとそれほど大きな違いはありません。強いていえば、ちょっと座席の間隔にゆとりがあるかも知れません。もちろん電源は完備。通常のラウンジの様子はこちら。

また、通常のラウンジでも飲み物は自由ですが、スイートラウンジには「プレミアムモルツ」がありましたよ。通常のラウンジは「ザ・モルツ」でしたが。

通常のラウンジでは見かけなかったワインもありました。

そして、スイートラウンジには、食べ物が置いてあるんですね。

パンに、スープ。それにおにぎりと味噌汁もあります。

通常のラウンジにある食べ物といったら、ミックスナッツだけですから、これはありがたいですね。特にわたしは朝に羽田を利用することが多いので。朝食はラウンジで済ませるようになりました。

ちなみに、スイートラウンジには、マッサージチェアや、シャワールームなんかもあります。設備が充実してますね。

窓の外にはもちろん、ANAの飛行機が見えます。

スイートラウンジの特徴を、通常のANAラウンジとの違いでまとめると、

  • ラウンジ内の装飾が豪華で上品
  • パンやおにぎりなどの食べ物がある
  • ドリンクもちょっとだけ豪華?
  • マッサージチェアやシャワールームがある

といった感じでしょう。

ダイヤモンドは優先搭乗も早い

プラチナでも優先搭乗出来ますが、ダイヤモンドになると、更に早く飛行機に乗ることが出来ます

通常、まず事前改札サービス(お手伝いが必要な乗客)があって、その次がダイヤモンドの優先搭乗です。

プラチナや、スーパーフライヤーズカード会員は、更にその次のタイミングとなります。

早く機内に乗り込めれば、混雑を避けてとっとと自分の準備を済ませられるので快適です。

ちなみに、係員(グランドスタッフ)の側には「DIA」と表示され、ほぼほぼの確率で、

いつもありがとうございます。

と言ってもらえますよ。

ANAスーパーフライヤーズを作っておくのがオススメ

ダイヤモンドに限らずプラチナもですが、1年限定のステイタスです。

次の一年もプレミアムポイントが基準を満たさない限り、ステイタスを失ってしまうということです。

しかしながら、プラチナ以上のステイタスを持っている間だけ入会できるANAスーパーフライヤーズカード会員になっておけば、ステイタスを失ったとしても、プラチナと同等程度の恩恵を受け続けることが出来ます。

わたしはプラチナに到達してすぐ、迷わずに作りました。

年会費は一般カードで11,070円、ゴールドカードで16,200円(17年12月現在)かかりますが、クレジットカードとしての使い勝手も良いので、オススメです。

プラチナやダイヤモンドの便利さを一度体験してしまうと、それを失う気になれないんですよね。

この記事で紹介したダイヤモンドサービスの恩恵を受けるには、毎年100,000ポイント分の搭乗を続けるしかありませんが、プラチナ同等の恩恵を受けられるスーパーフライヤーズカードでも、受けれるだけありがたいと思いますねー。

マイルが早く貯まる!ANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAブロンズステイタスのメリットはこちら。

ANAプラチナステイタスのメリットはこちら。