ANAプラチナのメリットは?到達してみて感じたプラチナステイタスの魅力まとめ

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

仕事で飛行機に乗る機会が多かったため、ANAのプラチナステイタスに到達することが出来ました。

いわゆる、ANAの上級会員(プレミアムメンバー)ですね!

今回はANAのプラチナステイタスにどんなメリットや魅力があるのか?実際に感じた「これはいい!」を中心に書いてみたいと思います。

そもそもANAプラチナステイタスとは?

そもそもANAのプラチナステイタスってなに??っていう方のために簡単に説明します。

ANA上級会員(プレミアムメンバー)の種類

冒頭でも書きましたが、プラチナステイタスとは、簡単に言えばプレミアムメンバーと呼ばれる、ANAの上級会員です。

ANAの会員ステータスには3種類あり、ステイタスなし → ブロンズ → プラチナ → ゴールド へと進化していきます。

スーパーフライヤーズカードメンバーというのもありますが、それはまた後ほど。

どうすればプラチナになれるの?

では、どうすればプラチナステイタスを始めとするステイタスを獲得できるかというと、答えは一つ。

とにかく飛行機に乗るしかありません。

ANAの場合、飛行機に乗るたびにマイルとは別に「プレミアムポイント」というのがもらえます。

ちなみにプレミアムポイントは特にマイルや現金等との交換などは出来ません。

そして、このプレミアムポイントの一年間(1月から12月)の累計によって、翌年のステイタスが決定するんです。

30,000ポイントでブロンズ、50,000ポイントでプラチナ、100,000ポイントでダイヤモンド到達です。

ANAより

実際どのくらいで到達できるのかというと、ANAのWEBサイト上のシュミレーションでは、

  • 羽田-伊丹往復で約2,500ポイント → 約20往復でプラチナ到達
  • 羽田-沖縄(那覇)往復で約6,700ポイント → 約8往復でプラチナ到達
  • 羽田-ロサンゼルス往復で約17,000ポイント → 約3往復でプラチナ到達

でした。

※ポイントは、ステイタスや搭乗クラス等によっても変わります。

プラチナステイタスは、海外によく行く人だと割とあっさり到達できそうですが、国内線中心の場合は、それなりに乗らないと到達できないことが分かりますね。

ANAプラチナステイタスの魅力

では、ここからは、実際に到達してみて感じた、ANAプラチナステイタスの魅力について書いていきます。

実際にはもっと色々と細かい特典がありますが、これは魅力的!というものを厳選してご紹介。

プラチナは優先的に座席指定できる

飛行機に乗ろうと思ったら、まずは予約し、そこで座席も指定しますよね。

これはわたしがプラチナになるまで知らなかったのですが、上級会員は座席指定に優先権があるんです。

わたしはANAのWEBサイトまたはアプリで予約していますが、いっつも、

前のほうの席埋まってるなー。やっぱり人気でなかなか取れないんだなー。

と思ってました。でも実はそれは勘違いだったんです。

前のほうの座席は、プラチナやダイヤモンド会員の優先席として、ステータスなしの一般客はそもそも選べないようになっているんです。


ANAより

プラチナステイタスに到達してからというもの、ずいぶんと前方の席が取れるようになったものです。

前方の席に座っていれば、当然早く飛行機から降りることが出来ますので、その後の移動もスムーズで快適です。

プラチナは保安検査場も優先レーンで

二つ目のメリットは保安検査場の優先です。

空港によってはある所とない所がありますが、羽田や那覇などの大きな空港では、保安検査場に優先レーンがあります。

保安検査場って混雑していると10分も20分も待つことになり、ストレスが溜まりますよね。

でもプラチナ以上になると、優先レーンが使えます

優先レーンは通常レーンよりもほぼ確実に空いてますので、あっという間に通過できるんです。


(羽田空港国内線のプレミアムチェックイン・保安検査場入口)

ちなみに羽田空港国内線(第2ターミナル)の場合は、プラチナ以上しか使えないチェックインカウンターもありますので、荷物預けもスムーズです。

プラチナはANAラウンジに入れる

さて、保安検査場を通過すると、次にプラチナステイタス会員を待っている恩恵といえばそう!ラウンジへの入場です。

ではラウンジに入ると何があるのかというと、簡単に言えば、搭乗の時間が来るまで、お酒を含めてドリンクが無料で自由に飲めて、快適な空間でくつろいだり、あるいは仕事に集中したりできる環境がそこにあります。

例えば、羽田空港国内線のラウンジはこんな感じ。

こちらは一人席。他人同士が正面を向き合わないよう、配置が工夫されてますね。

こちらは横並びの席。

こちらはグループ席。

もちろん全席に電源がついてますよ!

こちらはフリードリンクの牛乳、野菜ジュース、トマトジュース。

ハイボールにモルツ、スーパードライ。もちろん、自由に飲めます。

更にはなんと、日本酒まで。

ちなみに、食べ物はミックスナッツくらいしかありません。

ラウンジ内にはもちろん、フライトスケジュールの電光掲示板もあり、搭乗開始のアナウンスも随時入ります。

パソコンを開くもよし、お酒を飲みながらくつろぐもよし、時間が来るまで快適に過ごせます。

プラチナは優先搭乗できる

さて、次はいよいよ搭乗です。ANAの場合は、プラチナステイタスから優先搭乗ができるようになります

どうせ同じ飛行機に乗るんだから、と思うかも知れませんが、優先搭乗って意外と快適なんです。

優先搭乗で飛行機に乗ると、機内が混んでいないので、自分の座席までスムーズに行けて、自分の荷物をさっさとキャビネットに入れて、とっとと席に着くことが出来ます。

わたしも何度も経験がありますが、最後の方に乗ると、通路が詰まってなかなか進めなかったり、キャビネットがいっぱいで自分の荷物を入れるスペースが無かったり。

あと、先に通路側の席の人が座ってて、その人に一度立ってもらって窓際の席に行くのとか、もう面倒くさいですよね。

優先搭乗だと、こういったストレスから解放されるんです。

ちなみに、搭乗口で搭乗券などをタッチするとき、ANA職員(グランドスタッフ)側に「PLT」と表示されるので、自分がプラチナステイタスだと分かるようになってるんですね。

結構多くの確率で、

いつもありがとうございます

と言ってもらえるのも、地味に嬉しかったりします。

余談ですが、羽田-伊丹便や、羽田-福岡便などの路線は、定期的に利用するビジネスパーソンが多いせいか、優先搭乗対象の乗客が多すぎて、優先搭乗待ちの行列ができてます。

全然優先搭乗感が無いんだよな…。

プラチナは預けた荷物が出てくるのが早い

さて、飛行機を降りてからも続くプラチナステイタスのメリット、それが手荷物の返却です。

事前に預けた荷物の返却は、実はプラチナステイタスなどの上級会員が優先されるのです。

つまりは、荷物がすぐに流れてくるわけです。

わたし自身、プラチナになってからというもの、前のほうの座席を取れるようになったので、飛行機から早く降り、しかも荷物もすぐ出てくるので、空港から次の目的地にすぐに移動できるようになりました。

プラチナはSFCに入会できる

最後は、ANAスーパーフライヤーズカード(=SFC)に入会できるという、プラチナのメリットです。

スーパーフライヤーズカードというのは、プラチナステイタスになると申込み出来る限定のカードです。

入会すると、プラチナステイタスと同じように保安検査場の優先レーンも、ラウンジも使えて、優先搭乗の対象にもなります。

プラチナステイタス自体は、1年限りの資格なので、次の年もたくさん飛行機に乗ってプレミアムポイントを貯めなければ次の年も継続は出来ません。

しかし、プラチナステイタス中に、スーパーフライヤーズカードを一度作ってしまえば、半永久的に、プラチナステイタスと同レベルのサービスを受ける事ができるんです!

年会費は一般カードで11,070円、ゴールドカードで16,200円かかります。(17年12月現在)

という事で今回は、ANAプラチナステイタスに到達して感じたメリットについてまとめてみました。

ANAプラチナステイタスの魅力を一言でいうなら「快適という言葉に尽きると思います。

優先して前の座席が取れて、保安検査場も空いてて、時間が来るまでラウンジでくつろぎ、皆んなより早く飛行機に乗り込んで、先に降りれて、荷物もすぐ出てくるわけですからね。

ぜひ、飛行機に乗る機会が多い方は、ANAプラチナステイタスを目指してみてはいかがでしょうか?

マイルが早く貯まる!ANAアメリカン・エキスプレスカード

上級会員の入口、ANAブロンズ会員のメリットは?

ANAダイヤモンドステイタスに到達しました。ANAダイヤモンドのメリットや実際をまとめてみましたので、合わせてどうぞ。