過去の歩数も記録済?!iPhoneの基本アプリ「ヘルスケア」で歩数をチェック!

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

突然ですが、あなたは昨日、何歩くらい歩きましたか?

え?万歩計は持ち歩いてないって?

もしもあなたがiPhoneユーザーなら、実はiPhoneに歩数の記録が残ってるかも知れませんよ!

購入時から入っている「ヘルスケア」アプリが結構使える

iPhoneって購入したときに、初めから入っているアプリってありますよね。

わたしも最近まで開いたことすらなかったのですが、iPhone6/6S以降では「ヘルスケア」というアプリが入っているんですね!

ちなみに、iPhone5Sでも、OSを8にアップデートしていれば「ヘルスケア」が使えるようです。

右上に赤いハートマークが一つあるだけの、シンプルなアイコンが目印です。

「ヘルスケア」アプリのアイコン

これが、「アップルさん、しれっと入れてないでちゃんと教えてよ!」と言いたくなるくらい、優秀なんですよ。

一度も開いたことがない、という方は必見です!

過去の歩数を見てみよう!

アイコンをタップして「ヘルスケア」を立ち上げると、ダッシュボードというページが開きます。

「ヘルスケア」のダッシュボード画面

何も設定を変更していなければ、一番上に「歩数」が表示されていると思います。

実はこの歩数、つまりあなたがどれくらい歩いたのかは、iPhoneを持ち歩いてさえいれば、自動的に記録されているのです。

ではまず試しに、ダッシュボードの中にある「歩数」をタップしてみましょう。

すると「歩数」の管理画面が開きます。

さらに、「すべてのデータを表示」をタップすると、iPhoneに記録されている毎日の歩数を見ることができます。

「ヘルスケア」アプリで毎日の歩数をチェック!

これでふだん自分がどれだけ歩いているか(歩いていないか)が分かりますね!

ちなみにわたしの1日平均は、約6,000歩ほどでした。

もちろん、iPhoneは持ち歩いていなければ、歩数はカウントされないので、家の中ではiPhoneは持ち歩かないとか、仕事中はiPhoneをかばんに入れたまま、オフィス内を歩き回ってるみたいな場合は、実際にはもっと歩いていることになるでしょう。

そんな場合は、「データポイントの追加」から、手動で歩数を追加することも出来るようです。

ウォーキング+ランニングの距離や、上った階数も

歩数の他にも、「ウォーキング+ランニングの距離」についても、最初からセットされているので、過去のデータもさかのぼって見ることができます。

また、気圧計が内蔵されているiPhone6/6Sでは、「上った階数」までチェックできます。

(「上った」階数という通り、下りはカウントされないようですが。)

これはもう、万歩計も持ち歩く必要はありませんね。

iPhoneさえ持っていれば、万歩計以上の機能が使えるんですから。

他アプリとの連携で、更に便利に

さて、この「ヘルスケア」アプリは、「ヘルスケア」という名前の通り、なにも歩数や上った階数がわかるだけではありません。

他のヘルスケア系アプリと連携することができ、ユーザーの健康に関するデータを、一元管理できるんです。

例えば、活動量を測ることの出来るNikeFuel と連携させて活動量を表示させる、なんてことができるわけです。

連携できるアプリを確認するにはまず、「ヘルスケアデータ」をタップして、例えば「フィットネス」を選択し、更にメニューを開きます。(今回は「ワークアウト」)

すると、連携することのできるアプリが表示されますよ。

「ヘルスケア」と連携できるアプリ(ワークアウト)

実際にアプリと連携させるには、各アプリ内で「ヘルスケア」との連携を許可すればOKです!

各アプリで「ヘルスケア」との連携を許可

ダイエット中の方や、日常的にエクササイズをする方は、色んなデータを一元管理できることで、エクササイズの成果が見えたり、モチベーションになったりしそうですね。

もしエクササイズでジムに通われるなら、24時間営業のマシン特化型のジムがオススメですよー。

 合わせて読みたい 


24時間営業のジムを使って感じたメリット・デメリット : No.2宣言




「エニタイムフィットネス」という、24時間営業、小規模、マシン特化型のジムを利用してます。 今回は、エニタイムフィットネスに代表される24時間営業の小型ジムを使ってみて感じたメリット・デメリット…

メディカルIDの登録もぜひ!

もう一つ、この「ヘルスケア」アプリには、オススメしたい機能があります。

それが、「メディカルID」の作成。

「メディカルID」というのは、iPhoneがロックされている状態でも、緊急時にアクセスすることの出来る、簡易カルテのようなものです。

これを登録しておくことが、もしもの時、あなたを助けることになるかも知れません。

登録方法については、こちらのページにまとめていますので、合わせてどうぞ。

 合わせて読みたい  臓器提供の意思表示も!iPhoneユーザーは緊急時に備えてメディカルIDを作成しよう : No.2宣言
いざという時のために、iPhoneユーザーは「メディカルID」を作成しておきましょう。…

というわけで今回は、iPhoneに始めから入っている「ヘルスケア」アプリが便利だ、という話でした。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!