寝ながらスマホに最適!画面の明るさを限界以上に暗くする方法

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

わたしもそうなのですが、寝ながらスマホ(夜寝る前に見るスマホ)は睡眠の質を下げるので良くないと分かっていつつ、どうしても見てしまうことってありますよね。

そんな時は、睡眠への影響を最小限にするため、スマホ画面の明るさを最大限に落とすのがオススメ。

でも、スマホの明るさ調整機能では、一番暗い状態にセットしても、目にとっては眩しすぎる明るさなんです。

今回は、スマホの明るさを、限界以上に暗くする方法をご紹介。

画面の明るさと目の疲労の関係

スマホやパソコンの画面の明るさというのは、目や脳の疲労にダイレクトに直結します。

寝る前に限らず、普段仕事をするパソコンや、スマホの明るさ(輝度)の調整をするだけで、疲労度が格段に違ってきます。

なので、普段から明るさ調整してないという方は、ぜひ明るさの調整をオススメします!

その際、重要なのは、部屋の明るさなど、周囲の環境によって最適な明るさは変わるということです。

詳しくは別の記事で詳しくまとめていますので、こちらをご覧ください。

 合わせて読みたい  パソコンやスマホ画面の明るさ調整で目の負担を軽くする方法 : No.2宣言
パソコンの画面を適切な明るさに調整するだけで、長時間作業をした後の疲労度が全然違うんですよ!!…

基本的な考えは、周りが明るいなら画面も明るく、周りが暗いなら画面も暗く。

つまり、寝ながらスマホのような、部屋が暗い状態でスマホをいじる場合は、スマホの画面も相当に暗くする必要があるということです。

寝ながらスマホでは、限界まで暗くしても眩し過ぎる

わたしはiPhone6ユーザーなのですが、寝室を真っ暗にした状態や豆電球の状態、つまり「寝ながらスマホ」では、明るさを限界まで暗い状態にしても、なお眩しいのです。

限界まで暗い設定にしても、眩し過ぎる
↑一番暗くした状態。部屋が暗いとこれでも眩しい↑

わたしは限界以上に暗くする方法を知るまでは、わざわざ寝室にサングラスを置いておいて、寝る前にスマホをいじる場合には、暗い部屋の中で、更にサングラスをかけるという変態的なことをしていました(笑)

しかし、そんなことをしなくても、設定の限界以上に画面を暗くする方法を発見したので、ご紹介したいと思います。

iPhoneとAndroidで方法が異なるので、それぞれに分けて説明していきます。

Androidの方はこちら

iPhoneの画面を限界以上に暗くする方法

iPhoneでホームボタンをトリプルクリック(3回連打)すると、初期設定では、色調が反転するようになってます。

90-3

↑色を反転させたGoogleのトップページ↑

実は、この設定は変更することができ、わたしはホームボタンのトリプルクリックによって、画面が更に暗くなる状態に設定しているんです。

では、具体的な設定方法です。

裏ワザ的なやり方のため、頑張ってついてきてくださいね。

1.「ショートカット」を「ズーム機能」に

まず、iPhoneの「設定」→「アクセシビリティ」へと進みます。

「アクセシビリティ」画面の一番下にある、「ショートカット」をタップ。

「ズーム機能」にチェックを入れます。(その他のチェックは外します。)

アクセシビリティから「ズーム機能」にチェック

これでホームボタンをトリプルクリックすると、「ズーム機能」が起動する設定になりました。

続いて、「ズーム機能」の詳細設定をしていきます。

何でズーム機能?って思われているかも知れませんが、理由は後で分かります。

とにかくついてきてください(笑)

2.「ズーム機能」と「コントローラを表示」ONに

「アクセシビリティ」→「ズーム機能」へと進みます。

「ズーム機能」と「コントーラを表示」が最初はオフになっているので、オンに切り替えます。

ズーム機能とコントローラ表示をONに

3.コントーラをタップして「フィルタを選択」→「低照度」

ゲーム機の上下左右のボタンみたいな「コントローラ」が出てくるので、コントローラを一度タップします。

すると、ポップアップでメニューが出てくるので、「フィルタを選択」をクリック。

コントローラから「フィルタを選択」

更に続けて、「低照度」を選択します。

4.「コントローラを表示」をオフに

ここまで出来たら、先ほどオンにした「コントローラを表示」をオフにします。

「コントローラを表示」をオフに

5.「ズーム領域」を「フルスクリーンズーム」へ

最後に、ズーム機能の中(一番下)にある「ズーム領域」をタップします。

「ウインドウズーム」に入っているチェックを、「フルスクリーンズーム」に切り替えます。

フルスクリーンズームに切り換え

やや複雑ですが、これで設定完了です。お疲れ様でした!

これで、ホームボタンをトリプルクリックすると、画面が「低照度」となります。

もともとの画面の明るさを限界まで暗くした上で、更にホームボタンのトリプルクリックで「低照度」にすると、極限まで画面が暗い状態になりました。

iPhoneの画面を極限まで暗い状態に

↑これで暗い部屋で見ても眩しくない!↑

Androidの画面を限界以上に暗くする方法

Androidの場合iPhoneと異なり、端末の設定ではなく、アプリを用います。

Screen Filterというアプリです。

このアプリを使用すると、通常の設定範囲を超えて、画面を暗くすることができるようになるようです。

設定方法などについては、こちらの記事が参考になります。

 参考(外部サイト) Screen Filter:Androidの画面を限界以上に暗くするアプリ。暗い場所などで最低輝度でも明るく感じるときに使えるアプリ。
Screen Filterの特徴は、Androidの設定でできる一番暗い画面よりも、もっと暗くすることができる点…

もちろん、「寝ながらスマホ」はしないに越したことはありません

どうしても必要な場合は、このページでご紹介したようなやり方で、画面を徹底的に暗くし、目や脳への負担が少なくなるようにするのがオススメです。

ブルーライトも目の大敵

このページでは、画面の明るさについて書いてきましたが、画面の明るさとともにブルーライトも、目に負担をかける大きな原因となります。

わたしは、メガネをかけるのが得意ではないので、ブルーライトカットメガネではなく、パソコンやスマホ(iPhone)の色調設定でブルーライト対策しています。もし興味があれば、こちらのページもどうぞ!

 合わせて読みたい  ブルーライトカットはメガネ不要!パソコンの設定で対策しよう : No.2宣言
パソコンの設定によって、ブルーライト対策をしているんです。 今回は、私が実践しているメガネなしで出来る、ブルーライト対策を紹介…
 合わせて読みたい  iPhone(iOS9.3) でブルーライトカット実現!色温度の設定方法を解説 : No.2宣言
iPhone で画面から発するブルーライトを抑える設定が出来るようになりました! これは嬉しい機能で、もう早速使ってます…

ブルーライトの対策方法のまとめはこちら。

 合わせて読みたい  メガネだけじゃない!ブルーライトカットする4つの方法まとめ : No.2宣言
わたしは一日平均12時間くらいは、パソコンやスマホの液晶画面を見る生活をしています。 なので、わたしにとってブルーライト対策は欠かせず…

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!