男性が家事をやるのは、そんなに難しいことじゃない

こんにちは。ユージーンです。
「日本のカジメン・イクメンはレベルが低すぎるらしい」に引き続いて、男性の家事参加について。

よく家事を積極的にしない男性が、家事が苦手とか、家事をしたことがあまり無いから、みたいな言い訳をすることってありますよね。

そういう人って、同性の私からみて、すごいイラっとするんですよね!!

もしそれを本気で言ってるなら、「自分は何も出来ない無能な男です」と宣言をしているよなもんだと思うんです!

「家事」はそんなに難しい仕事ではない

世の女性に怒られてしまうかも知れませんが、家事というのは特段難しい仕事ではない、と私は思っています。

だって、PPTやExcelのスキルなんか要らないし、ロジカルシンキングも、クリエイティブ力も、宅建の資格も必要ないですよね。

経験によって効率的に行うことはできるようになるかも知れませんが、掃除機や洗濯機の使い方を知らない人ないないでしょう?

もし万が一知らなかったとしても、教わればすぐに誰でもすぐに使えるレベルですから!


掃除機を丁寧にかけれない?! いや、それはただの心がけの問題ですから!!

「靴下の脱ぎっぱなしをやめなさい」というのと、「丁寧に掃除機をかけなさい」というのは大差ない話ではないでしょうか。


料理しかり。

「料理は自分には出来ない」と言い張る方もいるかも知れませんが、今の時代は超強力なマニュアルがあるんですよ


クックパッド
というマニュアルが
(料理本でも良いですが)。

一流の料理人になるのは、並大抵じゃない努力と修行が必要かも知れませんが、今晩の夕食を作るのに、そこまでは必要ありません。

私はある一定のレベルまでは、「料理は規定演技」だと思っています。

規定演技とは、工程通りにやればいい、という意味です。

クックパッドや料理本には、料理の工程が細かく書かれています。

しかも、クックパッドで最も検索されているワードは「簡単」だそうですよ!!

何も難しいことはありません。書かれている工程通りに、具材を切って、書かれている分量通りに調味料を入れて、書かれている通りの火力で、書かれている通りのタイミングまで待てばいいのです。

みじん切り、乱切り、とか切り方は分からないという人もいるかも知れませんが、それだってググれば書いてあるし、解説動画もありますよ。

最初は手際は悪いかも知れませんが、今晩の夕食を作るのに、何も速水もこみちレベルが求められることもないですからね!

だらだらと書いてしまいましたが、男性が家事を、少なくともスキル的に、出来ないなんて事はあり得ないですよね、という事が言いたかったわけです。はい。

あとは家事をする時間を取れるか

スキル的には問題が無いとして、あとは家事をする時間が取れるか

こちらは少々やっかいかも知れません。

しかし、男性が家事をより多く担当できれば、女性の家庭での負担は減りますので、より社会での活躍が期待できるようになります。

「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム2015」でのスピーチで安倍首相は、日本で女性の活躍が進まない最大の理由は「男性中心の長時間労働を是とする働き方の文化にある」としています。

つまり、男性が長時間労働であるせいで、家庭での負担が女性にのしかかっているとも言い換える事ができるんじゃないでしょうか。

「今の会社では残業は仕方ない」「早く帰ることはできない」などと言ってしまうことは簡単ですが、男なら、奥さんに優しくしてあげたくないですか?! 奥さんの負担を減らしてあげたくないですか?!

このブログでは、色々な働き方や工夫を実践している人を取り上げていきますが、男性個々人が働き方を見直す、というのも一つだと思います。

あなたの経験とスキルによっては、年収は維持しながら、勤務時間は短くなるような転職だって可能かも知れません

また、いきなり働き方を見直すことは難しくても、意外と普段の仕事に潜む無駄は多いものです。

個人的な経験でもありますが、普段やっている業務のうち、やらなくてもいいことに気づき、断捨離するだけで、一日30分は確実に早く帰ることが出来るようになります

その30分はぜひ、奥さんや家族のために使ってあげてください。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!