これからのビジネスマンの年収アップパターンをマリオで表現してみたよ

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

今回は、 これからの時代、ビジネスマンが年収を伸ばしていくためのパターンを、スーパーマリオを使って表現してみたいと思います。

ふざけている? いえいえ、割とマジメです。

経済成長期の年収UPパターンは?

日本経済が成長期にあった時代においては、おおまかに言えば、経済全体が成長しているわけですから、大企業を中心に多くの企業は、成長している状態です。

つまり、マリオのステージで表現するなら、こんな感じになります。

描かれているリフトは企業、リフトの高さは年収のイメージです。

経済成長期のマリオステージ

どの企業に所属するかが超重要

この時代に年収をUPさせていくための勝ちパターンは、シンプルです。

より高く上昇していけそうなリフトに乗ることです。

良いリフトに乗ることができれば、後はラクチンです。そのまま乗っていればいいのですから。

イメージとしては、このような感じです。

経済成長期の勝ちパターンは上昇リフトに乗ること

経済成長期においてはどのリフトに乗るか、つまりどの企業に所属するかが非常に重要になってきますから、就職活動でもいかに大企業に入れるか、が非常に重要な時代だったと言えます。

経済停滞期、衰退期の年収UPパターンは?

でも今の時代は、経済成長期のパターンでは、うまくいきそうもありませんよね。

低成長社会と言われている上に、今後日本の人口は減っていきますから、経済も低成長どころか衰退していくかも知れません。

もちろん、その中でも成長する企業、衰退する企業があるわけですが、経済全体が停滞、または衰退するということは、各企業も平均的には下向くことを意味します。

極端かも知れませんが、マリオのステージで表現すると、こんな感じです。

経済停滞・衰退期のマリオステージ

どの企業に所属するかより、スキルを磨くこと

ではこの時代に、個人が年収をUPさせていこうと思ったら、どうすればいいでしょうか。

マリオのステージで考えれば、非常に簡単ですよね?

攻略法は、もちろんこうです!

経済停滞・衰退期はリフトを乗り継いでいくのが成功パターン

つまり、就職活動で最初に入社した企業に固執することなく、転職によって年収をUPさせていくのが成功パターン、ということです。

大企業より、スキルを磨ける企業にこだわろう

さて、現実にはここで1点、注意があります。

転職で年収UPなど、そう簡単には行かないよ、という話です。

ゲームのマリオは、始めから高いジャンプ力を持っていますが、わたしたちはジャンプ力が無い状態からのスタートなのです。

ここでいうジャンプ力とは、すなわちスキルです。スキルを、鍛えていかなければなりません。

専門性が高く、世の中に需要のあるスキルを身につけ、そのスキルを活かした転職で年収をUPさせていく、というのが、これからの時代のひとつの勝ちパターンではないか、とわたしは思います。

スキルを活かした転職で年収をUPさせよう

そのパターンで行くためには、就職活動で最初に入社する企業は、大手の企業にこだわるよりも、専門性が高く、高いスキルを身に着けられる企業にこだわったほうがベターかも知れませんね。

一つの会社で頑張って出世して、収入を上げていくというパターンも未だ健在ではありますが、それはそれで、「責任世代」なんて言葉もありますし。

もちろん、これは一つのパターンに過ぎませんが、わたしの周りで上り詰めていっている人は、そういう傾向があるように感じたので、今回はマリオに例えて説明してみました。

参考までに、現在のあなたの経験やスキルから、どれくらいの市場価値があるのか、適正年収(フィット年収)を計算できる「MIIDAS(ミーダス)
」というサービスがあります。

わたしがやってみた結果はこんな感じ。

MIIDASで適正年収をテストしてみた結果

598万円ですか。なるほど。ちなみにプロブロガーのイケダハヤトさんは603万円だったそうですので、ほぼ一緒みたいですね。

だいたい5分くらいで、適正年収(フィット年収)が計算されますので、ぜひ興味があればやってみると面白いですよ。

MIIDAS(ミーダス)

また、高年収を狙った転職なら、わたしのオススメはビズリーチです。

ビズリーチの評判はこちら。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!