適応障害とは?その症状とは?〜適応障害闘病記1〜

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

私は以前、適応障害になり、会社を3ヶ月近く休職していました。

このページでは、そもそも適応障害とは何か?どんなどんな症状なのか?についての基礎知識をまとめています。

適応障害はうつ病と似ていますが、うつ病とは対照的に、あまり一般的に知られている疾患ではありません。

しかし、実は適応障害は、悪化するとうつ病に移行しやすい「うつ病予備軍」とも言える側面があるのです。

そのくせ、適応障害は「甘え」「サボリ」と誤解されやすく、気づかれにくい病気という厄介ものでもあるんです。

<適応障害闘病記 目次>
適応障害の記事まとめ
【1】適応障害とは?その症状とは?  ⇦ 今ココ 
【2】適応障害の診断と心療内科 
【3】適応障害になりやすい人の性格特徴
【4】適応障害は休職すべき疾患か?
【5】適応障害で休職中の過ごし方と苦しさ  
【6】適応障害と抗うつ薬や睡眠薬との付き合い方 
【7】適応障害からの復職のタイミングとリハビリ

<関連記事>
01.適応障害は甘えではありません!!
02.当り外れが多すぎる心療内科の選び方
03.適応障害の人への接し方 
04.適応障害とうつ病の違い 
05.自律神経失調症、心身症、適応障害の違い 
06.適応障害チェックの4つのポイント 
07.適応障害からの退職、転職、復職
08.適応障害は「社会不適応」ではない!
09.適応障害の治療方法は?治療期間は?
10.小林悠TBS元アナが適応障害を告白
11.適応障害で労災認定は可能か?

適応障害とは?

適応障害をWikipediaで検索すると、以下のように書かれています。

適応障害(てきおうしょうがい、英: Adjustment disorder:AD)とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。

ここで重要なポイントは、3つあります。

適応障害は原因がハッキリしている

適応障害とは、ストレスが原因として起きる病の一種です

そして、その原因となっている「ストレス」がはっきり特定できるのが、適応障害の特徴でもあります。

私の場合は、仕事上のプレッシャー(ストレス)が原因でした。

人によっては、仕事でなくとも、育児であったり、人間関係であったりするようですが、いずれにしても、原因となっているストレスをはっきり特定できるのが、適応障害の特徴です。

適応障害のはっきりした原因

後ほど症状の部分でも書きますが、適応障害の人はいつどんな時でも症状が出て、苦しんでいるわけではありません。

適応障害には、原因となっているストレスを前にしたときだけ、症状が出るという特徴があります。

そのため、本人や周りが「甘え」とか「サボリ」と勘違いしてしまう傾向があるんですよね。

症状が軽いうちに対処すれば、大事には至らずにすみますが、適応障害だと気づかずまま病状が進行し、復帰するのに時間がかかってしまったり、うつ病へと進行してしまうことさえあるのです。

著しい苦痛や機能の障害が起こる

ストレスで体に症状が出るというのは、当然ながら適応障害に限った話ではありません。

例えば、大事な会議やプレゼンの前では緊張してお腹を壊すこともありますし、ストレスによって円形脱毛症になることもあります。

また、ストレスをたくさん感じると、ビタミンB1などを体内で大量に消費するため、倦怠感、動悸などの症状を引き起こすこともあります。

適応障害のポイント2つ目は、その症状が著しい苦痛や機能の障害を伴う、というものです。

例えば吐き気や頭痛などの症状が激し過ぎて、会社に行くことが出来ない。会議への正常な参加が困難なほど、頭が真っ白になる、といった具合です。

適応障害はストレスから離れれば症状は治まる

適応障害のポイント3つ目は、ストレスから離れれば症状は治まるという点です。

例えば、私の場合、出勤前の朝方に気分が悪くなり、強い症状が出ることがありました。

しかし、その日会社を休むことを上司に連絡してしばらくすると、割とあっさりと症状は落ち着いてくるのです。

午後になる頃には、「今日何で休んでるんだっけ?」と思ってしまうほど、元気になっていることもしばしば。

ストレスから離れれば症状が治まるのが適応障害

ところが夜になり、寝る時間になると、明日の仕事のことを考え始め、また症状が出始めたりするのです。

もっと言えば、仕事が休みだった土日には、症状は出ませんでした。

つまり、ストレスの原因であった仕事から遠ざかっているときには、症状は出なかったのです!

実はこの、ストレスから離れれば症状が治まることこそが、適応障害の特徴であるとともに、「甘え」や「サボリ」と誤解されやすい最大の原因なんです。

例えば、適応障害の原因となっているストレスが仕事の場合は、仕事を休むことが決まったり、しばらく休職したり、もしくは根本的に退職・転職したりすると、それだけで症状は治まり、気分も改善する可能性が高いということ。

もし、ストレスから離れ、遊びや趣味といった、ストレスが存在しないところにおいても、抑うつ気分が強かったり、好きなものでも関心がなくなってしまうような場合は、適応障害の域を超え、うつ病などと診断される可能性が高いです

適応障害の症状とは?

さて、ここからは適応障害の症状について、もう少し詳しく解説します。

適応障害の症状は個人差が大きい

適応障害によって起こる症状というのは、実は人によって様々です。

私の場合は、症状は吐き気(嘔吐)が中心で、その他には、倦怠感、頭痛などがありました。

しかし人によっては、食欲不振、腹痛(下痢)、動悸、痙攣(けいれん)や、気分障害(強い不安や激しい気分の落ち込み、無気力)など。

他にも、突然頭が真っ白になる、寝不足でもなく、気持ちでは「起きたい」と思っているのに、体が重くて起き上がれない、というような人もいるようです。

なぜ人によって症状の個人差が大きいかというと、適応障害が起こるメカニズムと関係しています

人間の体は本来、交感神経と副交感神経のバランスが保たれていることで、健康を維持しています。

しかし、強いストレスを受け続けると、そのうち交感神経が過剰に働き、副交感神経の働きが弱くなります。

これはいわゆる、自律神経の乱れというもの。

自律神経は、全身の器官をコントロールしていますので、自律神経が乱れると、体の各所に不調が生じてしまうのです。

その結果、人によって、症状がどのように出てくるかは、個人差が大きいわけです。

参考までに、私の経験を書いておきます。

会社を目の前にして起こる「吐き気」

仕事が忙しい繁忙期となり、また上司や取引先からのプレッシャーの中でもがいていたある日の朝のことでした。

私はいつものように電車に乗り、会社へ向かいました。

いつもように会社に向かっていると

それまでは特に何ともなかったのですが、会社の最寄駅を降りて会社の前にした時、突如として吐き気が。

最初は、「仕事が忙しくて睡眠も不足してるから、少し体調を崩しちゃたかな?」くらいにしか思っていませんでした。

ところが…

より強くなっていく症状

その症状は、その日だけで治まらず、次第に悪化していきました。

症状は、次第に最寄駅を降りた段階で起きるようになり、朝起きた段階で起きるようになり、夜寝る前に、翌日の仕事のことを考えると気持ち悪くなって眠れないようになってしまいました。

適応障害と気づかず悪化していく症状

そして吐き気の強さも、徐々に強くなり、仕事中には嘔吐してしまうほど強いものになってしまったのです。

そのうち、とても出社できないほどの症状が出てしまい、会社を休むとともに、病院を受診し、そのまま会社を休職することになりました。

これが私の、適応障害の症状が出始めてから休職に至った過程です。

適応障害とは?症状とは?まとめ

今回は主に、適応障害とは何か?どんな症状なのか?という話について書きました。

適応障害はうつ病と同じく、ストレスが原因となって起こるメンタルヘルス不調ですが、

  • 原因となっているストレスがはっきりしており、
  • 症状の内容は、人によって個人差があるものの、
  • 仕事や日常生活に支障が出るほど強い症状が、
  • ストレスに直面した時にだけ起こり、
  • しかもストレスから離れれば、症状は改善するか消失する

という特徴を持っています。

そうした特徴があるために、自分自身や周りが適応障害であると気づかず、甘えやサボリと勘違いしてしまうことが多いのが実態です。

しかし、適応障害はその症状が悪化すると、うつ病へと進行する、「うつ病予備軍」的な側面もあるから注意が必要です。

次回は、適応障害でかかるべき病院(心療内科)についてです。

合わせて読みたい 適応障害の診断と心療内科〜適応障害闘病記2〜 : No.2宣言
適応障害でかかるべき適切な病院は、心療内科です。
しかし、その症状から最初は内科などの別の病院を受診し、異常なしと…

<適応障害闘病記 目次>
適応障害の記事まとめ
【1】適応障害とは?その症状とは?  ⇦ 今ココ 
【2】適応障害の診断と心療内科 
【3】適応障害になりやすい人の性格特徴
【4】適応障害は休職すべき疾患か?
【5】適応障害で休職中の過ごし方と苦しさ  
【6】適応障害と抗うつ薬や睡眠薬との付き合い方 
【7】適応障害からの復職のタイミングとリハビリ

<関連記事>
01.適応障害は甘えではありません!!
02.当り外れが多すぎる心療内科の選び方
03.適応障害の人への接し方 
04.適応障害とうつ病の違い 
05.自律神経失調症、心身症、適応障害の違い 
06.適応障害チェックの4つのポイント 
07.適応障害からの退職、転職、復職
08.適応障害は「社会不適応」ではない!
09.適応障害の治療方法は?治療期間は?
10.小林悠TBS元アナが適応障害を告白
11.適応障害で労災認定は可能か?

専門的な本としては、こちらが読みやすくオススメです。

適応障害で休職したらぜひ読んで欲しい本です。

こちらは主に「復職後」の働き方について。適応障害の方も参考になります。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!