英語よりも数学(算数)を得意科目にしてほしいと子供に思う理由

こんにちは。ユージーンです。

私自身はまだ子供はおりませんが、教育に関しては色々と思うところがあり、ちょこちょこ意見を発信しております。

今回は、学校教育の中での「科目」について、です。

もしお子さんがいる方は、学校での勉強に関して、どの科目を得意科目にしてほしいと思いますか?

実は私は、数学(算数)なんです。今回はその理由について書いていきます。

これからの時代、英語を頑張るべき?

64-1

日本は既に人口減少社会に入りました。

私は仕事がら、大手日本企業の中計(中期経営計画)を見ることが多いのですが、成長戦略として書かれているのはほぼ海外展開で、日本国内に関しては、現状維持、利益重視の守りの戦略を取っている企業が非常に多くなっています。

また、2020年に東京オリンピックを控え、海外から観光客もますます増えるでしょうし、労働力としての外国人も今後増えてくるでしょう。

そんな国際社会ですから、一番力を入れるべき科目は英語だ、という意見も多くあるとは思います。

日本の英語教育は、もともと「読み書き」に主眼

64-2

確かに今後、英語は社会で役に立つとは思います。

ですが、日本の英語教育はもともと、欧米の技術や文化を輸入するための能力を高めることを目的に作られてきたものです。

つまり、英語で書かれた文書を正しく解読できること、すなわち読み書き能力を高めることが重要だったわけです。

英語で言うならば、リーディング(Reading)ライティング(Writing) です。

しかしこれからの国際社会の時代に求められるのは、英語の読み書きではなく、明らかに会話、対話ではないでしょうか?

すなわち、スピーキング(Speaking)リスニング(Listening)、そしてディスカッション(Discussion)です。

座学で英語を頑張るくらいなら、とっとと留学したほうがいい

64-3

つまり、今の日本の英語教育では、これからの時代に役に立つ英語能力は身に付きません。

実際、私自身もそれなりに学生時代に英語を頑張ってきました。

その成果なのか、簡単な内容であれば、英語で書いてある文章を多少なりとも解読することは出来ますが、リスニングはまるでダメなんですよね。

以前シンガポール航空に乗ったときに、CAの方が何を言ってるか、全然聞き取れませんでした・・・。

Meat or Fish? って聞かれると思っていたのに、実際はもっと全然難しかったんですよ(笑)

そう考えると、相当時間をかけて頑張った英語の勉強の時間って、いったい何だったんだろうと思ってしまいました。

これからの時代に必要な英語を体得するのであれば、座学なんかそこそこに、とっとと留学したほうがよっぽどいいと思います。

そもそも、英語は「ことば」なんですから、何年もかけて単語や文法を勉強するってこと自体、何か違和感を感じるんですよね。

日本語を研究する金田一秀穂先生のように、英語という言語自体を研究したいなら今のスタイルで良いんでしょうけど。

数学(算数)を得意科目にするべき理由

さて、ここからは数学(算数)を得意科目にしてほしいと、私が子供に願う理由についてです。

数学(算数)は勉強する意味があるのか

64-4

数学(算数)なんか、勉強して何のためになるんだ、という意見(というより苦手な人の言い訳?)をよく耳にすることがありますよね。



あんなの生活のどこでを使うんだ?買い物をする時の消費税やお釣りの計算が出来れば十分じゃないか、というような論調です。

確かに微分積分や三角関数を日常生活で使うことは、まずありません。

でも私は、数学(算数)に取り組むことには、もの凄く意味があると思っています。

数学(算数)はロジカルシンキングの基礎トレーニング

64-5

実は私は、学生時代に一番好きな科目は、数学(算数)でした。

なぜ好きだったかというと、数学(算数)は暗記勝負じゃなく、思考力勝負だったからです。

社会科などは、どれだけ正しく記憶してきたか、要は暗記勝負でテストの点数が決まってしまいます。

しかし、数学(算数)は暗記勝負ではありませんよね。だから好きだったんです!暗記苦手なので(笑)

数学(算数)の問題を解くことって、これまでに得た経験を元に、頭(左脳)をフルに使って、答えにたどりつく、推理ゲームのようなものだと思うのです。

何が言いたいかというと、数学(算数)の問題に取り組むこと自体が、左脳(つまり、論理思考)のトレーニングになっている、ということです。

特に「証明せよ」系の問題は、ロジカルシンキングの非常に良いトレーニングになると思います。

大人になっても、特に仕事で人を説得するには、感情に訴えるという方法も無くはありませんが、説得力のある話をするためには、論理的に話さなければなりません。

「証明せよ」系の問題は、まさに論理立てて人に説明を行うプロセスと、頭の使い方が一緒だと思います。

ロジカルシンキングは、大人になってからも体得するための講座や、書籍など多数公開されていますが、そのための基礎体力作りとして、学生時代から数学(算数)に取り組んでいると、あとで苦労しません。

世界共通語は、英語ではなく数字

64

世界共通語といえば、思い浮かべるものは何でしょうか? 

おそらく、ほとんどの方は「英語」とお答えになると思います。 

しかしそれは、英語を公用語としている国の人口が最も多いというだけのことであって、日本や中国を始め、多くの国では英語は公用語ではありません。 

コンサルタントの大石哲之氏は、著書「コンサル一年目が学ぶこと」の中で、次のように言っています。 

どんな文化の人でも絶対に共有して認め合えるものとは何なのか?それが論理(ロジック)と数字です。英語が出来なくても、裏で何を考えているのかわからなくても、論理と数字は相手に伝わります。(P.41)

つまり、世界共通語があるとすれば、それは英語ではなく数字やロジックなんだ、ということです。 

まとめ

これから国際化はますます進んでいくことは必至ですが、その時に外国人とビジネスをしていくために必要なスキルは、英語の読み書き能力ではない事は確かです。

大事になってくるのは、英語でのコミュニケーション能力と、世界共通語である数字への強さとロジカルシンキング能力です。

留学によって英語でのコミュニケーション能力を身につけつつ、日本の教育課程の中では断然、英語よりも数学(算数)を頑張ることで、数字への強さとロジカルシンキング能力を身につけるのが、これからの国際社会を生き抜くためには良い選択だというのが、私の意見です。

↓ロジカルシンキングだけでなく、ビジネスマンとして活躍するための基本スキルが詰め込まれた良著です。特に新入社員や社会人歴の若い人はオススメ出来ます。

では、今日も頑張らずに、楽しんでいきましょう~!