適応障害は甘えではない!リアルな適応障害を経験者が語ります

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

私は以前、適応障害と診断され、会社を3ヶ月近く休職しました。

適応障害は、その症状の特徴から、甘えやサボリ、仮病と誤解されがちな側面があります。

それは周囲の目からだけでなく、適応障害で苦しむ本人でさえも、甘えだと誤解をしてしまう傾向があるんです。

適応障害は甘えか?と言われれば、それは違います。

今回は、適応障害が甘えではないという事について、私自身の経験も交えて説明したいと思います。

<適応障害関連記事>
適応障害の記事まとめ
【適応障害闘病記】(私の経験まとめです)
01.適応障害は甘えではありません!! ⇦今ココ  
02.当り外れが多すぎる心療内科の選び方
03.適応障害の人への接し方 
04.適応障害とうつ病の違い 
05.自律神経失調症、心身症、適応障害の違い 
06.適応障害チェックの4つのポイント 
07.適応障害からの退職、転職、復職
08.適応障害は社会不適応ではない!
09.適応障害の治療方法は?治療期間は?
10.小林悠TBS元アナが適応障害を告白
11.適応障害で労災認定は可能か?

適応障害が甘えと誤解されやすい理由

適応障害とは、簡単に言ってしまえば、ストレスが原因となって、心や体に不調をきたし、日常生活や仕事が困難になってしまう障害です。

具体的な定義や症状は、別の記事にまとめていますので、ぜひこちらをご覧ください。

合わせて読みたい 適応障害とは?その症状とは?〜適応障害闘病記1〜 : No.2宣言
そもそも適応障害とは何か?どんなどんな症状なのか?についての基礎知識をまとめて…

ストレスから離れれば症状が治まる、という特徴

上の記事にも詳しく書いていますが、適応障害の特徴の一つとして、ストレスから離れると症状が治まるというのがあります。

少しだけ私の話をします。

私の場合、適応障害の症状は、吐き気や頭痛が中心でした。

でもその症状は常に起きているわけではなく、不思議なことに、ストレスを前にした時にだけ起こるのです。

61-8

私が適応障害となった原因のストレスは仕事だったのですが、朝会社の最寄駅で降りて会社のビルの前に立ったとき家で会社に行くための準備をしているとき、夜ベッドに入りながら、次の日の仕事のことを考えたときに、吐き気などの症状に襲われるようになりました。

しかし、症状が強いために会社を欠勤することが決まると、徐々に症状は無くなっていき、午後には欠勤した理由が分からなくなるほど、元気になっていたりします。

適応障害は、原因となっているストレスから離れれば、症状が治まるものなのです。

普通の人は、そんなに都合よく、ストレスを前にしたときだけ症状が起きるなんてあり得ない。

甘えだ、サボリだ、仮病だ、と誤解をしてしまう(されてしまう)のです。

甘えという誤解が悪化を導き、うつ病へと進行も

適応障害の本人でさえも、「自分は甘えている」と誤解をしてしまい、「もっと頑張らなきゃ」と無理をして強いストレスを受け続けたり、病院(心療内科)の受診が遅れることにより、症状が悪化する原因になります。

また、本人の周囲の人たちも、甘えだという誤解があると、「もっと頑張れ」と声をかけてしまい、それまた悪化へと向かわせてしまう要因となってしまうのです。

60-5

適応障害とうつ病は、異なる病気ではありますが、適応障害は症状が悪化すると、うつ病へと進行する可能性が高い病気という側面があります。

うつ病にまで進行してしまえば、回復し元通り元気になるまでに時間がかかるようになってしまいます。

適応障害が甘えだという誤解は、その人の人生に大きく影響しう得る問題なのです。

適応障害とうつ病の違いについては、こちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい 適応障害とうつ病の最大の違いは症状の持続性 : No.2宣言
適応障害とうつ病の最大の違いは、その原因となっているストレスから離れても症状が続くのかどうか、という…

適応障害になりやすい人ほど、本当は甘え下手

適応障害やうつ病になりやすい人には、性格的な特徴があります。

それは、真面目で責任感が強く、人にものを任せるのが得意でなく、自分が抱え込むようなタイプです。

詳しいことや、「なりやすさチェックリスト」はこちらの記事にまとめていますので、ぜひご参考にして下さい。

合わせて読みたい 適応障害になりやすい人の性格特徴〜適応障害闘病記3〜 : No.2宣言
・会社では模範的な社員と目されている、・仕事が好きである、・仕事熱心なほうだ、・退社後や休日も仕事の事を考える事が多い、・几帳面、生真面目な性格である…

マジメで、責任感が強いから、気を抜くことがあまり上手くないのです。

普段からストレスを少しずつ消化できていればいいのですが、それがうまくないので、強いストレス環境にさらされた際に、受けたストレスを消化しきれなくなってしまい、それが体の不調となって出てきます。

59-3

適応障害になるような人は、はっきり言って甘え下手です。

基本的に自分に対して厳しく、自分を甘やかすような事はありませんし、例えば仕事を別の人に任せて楽をする、他人に甘えるようなことも性格的に得意ではないのです。

逆に、イイ意味で自分や人に甘えるのがうまい人は、ストレスをため込まないので、適応障害にはなりにくいとも言えます。

違いを知り、早めに対処を行うことが超重要

先ほど説明した通り、ストレスから離れると、症状が軽くなったり無くなるのが適応障害ですが、 ストレスの原因から離れても、症状が続いたり、無気力が続くようになると、うつ病の疑いが強くなります。

自分が適応障害であると気づかず、更に無理に頑張り続けることで症状が悪化し、より治療に時間のかかるうつ病へと進行してしまいます。

繰り返しになりますが、適応障害は、甘えではありません!!

ですから、自分や周りが早めに異変に気づき、病院を受診する必要があります。

59-5

早めに気づくことが出来れば、休職しても数か月で復職できます。

ところが悪化すれば、1年以上経っても元に戻れなくなることだって、あるのです。

なお、適応障害の疑いで受診すべき病院は心療内科となりますが、心療内科はアタリハズレの多い診療科目です。

ぜひこちらの記事を参考にしてもらうと良いかと思います。

合わせて読みたい 【心療内科の選び方】経験者が教えるハズレ医師で消耗しない方法 : No.2宣言
まともな心療内科医に出会えず、「ハズレ」の心療内科によって苦しんで…

<適応障害関連記事>
適応障害の記事まとめ
【適応障害闘病記】(私の経験まとめです)
01.適応障害は甘えではありません!!  ⇦今ココ  
02.当り外れが多すぎる心療内科の選び方
03.適応障害の人への接し方 
04.適応障害とうつ病の違い 
05.自律神経失調症、心身症、適応障害の違い 
06.適応障害かも?迷ったらまずセルフチェックを 
07.適応障害からの退職、転職、復職
08.適応障害は社会不適応ではない!
09.適応障害の治療方法は?治療期間は?
10.小林悠TBS元アナが適応障害を告白
11.適応障害で労災認定は可能か?

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!