ビズリーチで年収アップは可能?ハイクラス求人サイトを使ってみよう

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

過去、転職を経験した際に、CMで話題のビズリーチを使って転職活動をしていました。

ビズリーチは「ハイクラス」「即戦力」をうたっていますが、実際転職者にとって気になるのは、何といっても年収ですよね。

そこで今回は、ビズリーチにはどれくらいの年収の求人が多くて、年収アップを目指せるのか、経験談も踏まえて書いてみたいと思います。

ビズリーチを使ってみた感想はこちら。

ビズリーチは年収どれくらいの求人が多い?

では早速ですが、ビズリーチには実際、どれくらいの年収の求人が多いのでしょうか

その前に、ちょっとだけ、ビズリーチへの登録の話。

登録する際、基本情報を入力する際に、現在の年収を選択するところがあるんですが、その一番下はというと、「500万円未満」しか選択できないようになっているんです。

ビズリーチの会員登録画面

ビズリーチ
より

もちろん「500万円未満」を選択しても登録はできます。できますが、現在の年収が500万円未満の人は、ビズリーチ側からはあんまり求められていない感じがしますね。

しかも、ビズリーチの広告を見ても「年収600万円以上の方に指示される転職サービスNo.1」とあり、ビズリーチ側が登録を求めている人材も、それくらいの年収のビジネスパーソン、と言えそうですね。

まぁ、本当はもっともっと稼げる市場価値があるのに、勤めている会社で過小評価されているなら別ですけど。

さて、では実際にビズリーチに掲載されている求人の年収はどの程度のものでしょうか?

まずはエリアを東京、埼玉、神奈川に絞って、業種などは条件をかけずに検索してみたところ、こんな感じ。

年収の下限は意外と高くはなくて、400万円となっている案件がチラホラ。

ですが、注目は上限のほう。~1000万円の案件ばかり。年収400万円~1000万円って、相当幅がありますね。

そういう案件の求人詳細をのぞいて見ると・・・

いやいやこれ、年収400万円の人材ではないんじゃないですかね。笑

もちろん全てではありませんが、求人の額面は400万円~となっていても、実際に年収400万の募集ではないと考えたほうが良いかも知れません。

ビズリーチで年収アップは可能?

転職にビズリーチを使って年収アップは可能かどうか、という話です。

一言で答えるのは難しいですが、他のサイトに比べると、ビズリーチは転職によって年収を上げたい人にはオススメできます。

そのように言える理由は、ビズリーチが、求人を募集する企業に対して、「即戦力」や「ハイクラス」というコンセプトをうたっているからです。

ビズリーチのトップページ
ビズリーチ
より

求人には大きく2種類あります。

一つは、単に人手不足を補うための募集。そしてもう一つは、会社にとって必要なポジションを任せられるスキルや経験をもった人を、外から連れてくるための募集

圧倒的な案件数を誇る大手のリクナビNEXT
などには比較的前者の案件が多いように思いますが、ビズリーチはほぼほぼ、後者の募集が多いと言えます。

後者の募集、つまりスキルや経験をもった人を連れてくる募集の場合は、その人に対するスキルや経験を重視して採用活動を行うので、その会社が求めるスキルや経験を持ち合わせていれば、年収はそれなりに支払う覚悟があるはずですし、内定後の年収の交渉にも応じてもらいやすいです。

なので、年収をアップできるかどうかは、ビズリーチに限らず、どれだけ市場価値のあるスキルや経験を持っているか、ということが肝心であることは言うまでもありませんが、自分の経験やスキルを生かして、年収アップを狙いたいと考えているなら、ビズリーチはオススメできますね。

ビズリーチを見てみる

ビズリーチに登録しておくと、企業の採用担当者や、ヘッドハンター(転職エージェント)から連絡が来て、マッチングすれば面接、という流れになります。

詳しくは、ビズリーチを使ってみた感想で紹介していますのでぜひ。

ビズリーチより高年収?「転機」もオススメ

転職で年収アップを目指す場合、ビズリーチもオススメですが、同じくハイクラス転職サイト「転機」も登録の価値ありです。

登録して使ってみた所感で言うと、ビズリーチよりもさらにハイクラスの求人に特化している印象です。

求人検索のところ見ても一目瞭然。

ポジションは「課長」以上しか選べませんし、年収も800万円未満の求人が見当たりません!

ビズリーチでは、少なくとも額面上は年収400万円代の求人もありますが、この「転機」は、完全にビズリーチよりも高年収人材に特化している転職サービスです。

転機」を見てみる

年収アップを目指すなら、そもそも今の自分の適正年収がどれくらいなのか、知っておくことも大事だと思います。

こちらのサイトで無料で診断ができます→ 市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!