一目で義理とわかるチョコ!ブラックサンダーチョコの巧みさに脱帽

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

もうすぐバレンタインですね。

でもバレンタインにまるで関係無さそうなブラックサンダーチョコのプロモーション戦略が、マジでうまいなぁ〜と感心してしまったので、今回はその事について。

一目で義理とわかるチョコ

早速ですが、わたしが感心したブラックサンダーチョコのプロモーションがこちら。

177-1

rocketnews24より引用させていただきました)

一目で義理とわかるチョコ

これ、キャッチコピーとしてもものすごく秀逸だと思いますし、ブラックサンダーをあえて義理チョコと位置づける、いわゆる「ポジショニング」が本当に巧みだなぁ、と感じました。

わたしが感心したポイントは大きく2つくらいあります。

敢えての義理チョコポジション

バレンタインと言われて思い浮かぶチョコレートと言えば、GODIVA(ゴディバ) とかROYCE(ロイズ) みたいな、高級チョコレートブランドだったり、ちょっといいもの感のあるチョコレートだと思います。

一方で、ブラックサンダーチョコといえば、小さいやつはコンビニで50円以下で買えて、口どけや香りよりもザクザクした食感がクセになる、いい意味でジャンキーなチョコ菓子です。

わたしも好きでたまに買いますが、まぁバレンタインには何とも似つかわしくないイメージですよね。

そんなイメージのチョコなら、普通はバレンタインにプロモーションしようなんて思わないですよ。

ところが、ブラックサンダーチョコを販売する有楽製菓は、そのイメージを全く逆手に取ったわけです

バレンタインに似つかわしくないチョコ

→ バレンタインに貰ったら100%義理

→ 一目で義理とわかるチョコ

というように。確かに、

  • 下手に良いチョコをあげて、本命と勘違いして欲しくない
  • 義理チョコを渡す数が多いから、なるべく安く済ませたい
  • チョコは渡したいけど、ネタ的な要素が欲しい

みたいにニーズは、結構ありそうですからね。

実は義理チョコのが市場規模大きいんじゃない?

今まで、明確に「義理チョコ」としてプロモーションしたのって、ブラックサンダーが初めてだと思うんですよ。

そこでふと思ったのは、もしかして本命チョコよりも義理チョコのほうが、市場規模が大きいんじゃないか?ってこと。

確かにチョコの単価としては、本命が一番高いでしょうけど、数で言ったら義理チョコのほうが圧倒的に多いはずです。

義理チョコのほうが圧倒的に数が多いはず!

しかも最近は、「友チョコ(友だちにあげるチョコ)」とか「サンクスチョコ(感謝を伝えるチョコ)」とか、本命の異性にあげる以外にチョコを渡す文化も、広がってきていると思います。

(もちろん、菓子メーカーの策略ですけどねw)

実際、調べてないので分かりませんが、義理チョコの市場規模が本命チョコ並みに大きいとしたら、「一目で義理とわかるチョコ」って超王道な戦略な気さえしてきますね

というわけで今回は、最近わたしが気になったブラックサンダーチョコのプロモーション戦略についてでした。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!