実は損してるかも?通勤定期券はどれだけ得なのか検証してみた

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

会社に電車で通勤している人のほとんどは、当たり前のように、定期券を買っていると思います。

でも、本当に定期券を買うのが得なのか?どれくらい得してるのか? 気になったので検証してみました。(2016年5月時点での検証)

定期券はどれだけ得なのか?検証方法

今回の検証方法は次の通りです。

  1. まず、主要都市、主要路線から適当な区間をピックアップして、定期代を調べます。
  2. 次に、その区間を、定期券なしで乗車した場合の普通運賃を調べます。
  3. 最後に、1の定期代を、2の運賃で割り算して、1か月のうち何回(何日)乗車すれば、定期代の元が取れるかを計算します。

例えば、週休2日 で祝日がない月の場合、21日~22日、通勤することになりますから、だいたい20日以内で元が取れれば、定期券のほうが得になるということですね。

今回は、東京、名古屋、大阪の3都市、計26路線で検証してみました。

東京で定期券が得なのか、検証してみた

東京では、JR東日本(中央線、山手線)、東京メトロ(銀座線、東西線)、都営地下鉄(大江戸線、浅草線)、東急電鉄(田園都市線、東横線)、小田急電鉄(小田原線)、京王電鉄(京王線、井の頭線)の11路線で検証してみました。

まずは、普通運賃と、定期代を検索。

検証区間 普通運賃 定期代

1ヶ月
定期代

3ヶ月
定期代

6ヶ月
東京~立川(JR中央線) 637円 18660円 53180円 91510円
新宿~品川(JR山手線) 194円 5820円 16580円 27920円
渋谷~上野(東京メトロ銀座線) 195円 8160円 23260円 44070円
中野~飯田橋(東京メトロ東西線) 195円 7320円 20870円 39530円
練馬~六本木(都営大江戸線) 267円 10590円 30190円 57190円
新橋~押上(都営浅草線) 216円 8860円 25260円 47850円
渋谷~二子玉川(東急田園都市線) 195円 7390円 21070円 39910円
渋谷~日吉(東急東横線) 216円 8130円 23180円 43910円
新宿~新百合ヶ丘(小田急小田原線) 308円 10820円 30840円 58430円
新宿~京王八王子(京王線) 360円 13500円 38480円 72900円
渋谷~明大前(京王井の頭線) 133円 4990円 14230円 26950円

続いて、1日その区間を1往復するとして、普通運賃で1ヶ月のうち何日乗車すれば、元が取れるのか、損益分岐日数を計算してみました。

検証区間 損益分岐

1ヶ月
損益分岐

3ヶ月
損益分岐

6ヶ月
東京~立川(JR中央線) 15日 14日 12日
新宿~品川(JR山手線) 15日 15日 12日
渋谷~上野(東京メトロ銀座線) 21日 20日 19日
中野~飯田橋(東京メトロ東西線) 19日 18日 17日
練馬~六本木(都営大江戸線) 20日 19日 18日
新橋~押上(都営浅草線) 21日 20日 19日
渋谷~二子玉川(東急田園都市線) 19日 19日 18日
渋谷~日吉(東急東横線) 19日 18日 17日
新宿~新百合ヶ丘(小田急小田原線) 18日 17日 16日
新宿~京王八王子(京王線) 19日 18日 17日
渋谷~明大前(京王井の頭線) 19日 18日 17日

これだけでも、いくつか面白いことが見えてきましたよ。

JRの定期代はお得、一方で東京メトロや都営地下鉄は…

まず、JR東日本の定期代はかなりお得だということが分かりますね。

6ヶ月定期の場合、月に12日も往復で乗車すれば、元が取れる計算です。割高な1ヶ月定期でも15日で元が取れます。

その一方で、東京メトロや都営地下鉄は、今回検証した区間では、比較的元が取りにくい路線であることが分かりました。

例えば渋谷~上野間(銀座線)の1ヶ月定期にいたっては、21日乗車しないと、元が取れない計算ですから。

それはつまり、祝日や会社に行かない日が数日あっただけで、「定期券を買わないほうが得だった」という事態が起こるということですね。

同じ鉄道会社や路線でも、お得度合いが変わることも

また、同じ鉄道会社や路線でも、区間によって、損益分岐日数が変わる、つまりお得度合いが変わるケースも見られます。

例えば、東京メトロの1ヶ月定期の場合、中野~飯田橋は19日で元が取れますが、渋谷~上野では21日乗車しないと元が取れないようです。

それに対して面白いことに、京王線は、区間を変えてもお得度合いがほとんど変化しないようですね。

試しにいくつか別の区間でも、普通運賃と定期代の比率を出してみたら、ほぼ一定でした。

1ヶ月定期だと19日、3ヶ月定期だと18日、6ヶ月定期だと17日で基本的に元が取れるという計算が成り立つので、分かりやすいですね。

大阪で定期券が得なのか、検証してみた

大阪では、JR(大阪環状線、東海道線)、大阪市営地下鉄(御堂筋線、堺筋線)、南海電鉄(南海線)、近鉄(南大阪線)、阪急(神戸線、宝塚線)、京阪電鉄(京阪本線)、阪堺(阪堺線)の10路線で検証してみました。

まずは、普通運賃と、定期代を検索。

検証区間 普通運賃 定期代

1ヶ月
定期代

3ヶ月
定期代

6ヶ月
大阪~大阪城公園(JR大阪環状線) 160円 4870円 13850円 23330円
新大阪~京都(JR東海道線) 560円 16530円 47100円 79310円
新大阪~なかもず(地下鉄御堂筋線) 370円 12160円 34660円 65670円
長堀橋~天下茶屋(地下鉄堺筋線) 240円 9320円 26570円 50330円
難波~岸和田(南海電鉄南海線) 490円 18770円 53500円 101360円
大阪阿部野橋~道明寺(近鉄南大阪線) 350円 13370円 38110円 72200円
阪急梅田~神戸三宮(阪急神戸線) 320円 12840円 36600円 69340円
阪急梅田~豊中(阪急宝塚線) 220円 8340円 23770円 45040円
淀屋橋~枚方市(京阪本線) 330円 13000円 37050円 70200円
新今宮駅前~住吉(阪堺電軌阪堺線) 210円 8660円 24690円 46770円
新今宮駅前~浜寺駅前(阪堺電軌阪堺線) 210円 9890円 28190円 53410円

続いて、損益分岐日数を計算します。

検証区間 損益分岐

1ヶ月
損益分岐

3ヶ月
損益分岐

6ヶ月
大阪~大阪城公園(JR大阪環状線) 16日 15日 13日
新大阪~京都(JR東海道線) 15日 15日 12日
新大阪~なかもず(地下鉄御堂筋線) 17日 16日 15日
長堀橋~天下茶屋(地下鉄堺筋線) 20日 19日 18日
難波~岸和田(南海電鉄南海線) 20日 19日 18日
大阪阿部野橋~道明寺(近鉄南大阪線) 20日 19日 18日
阪急梅田~神戸三宮(阪急神戸線) 21日 20日 19日
阪急梅田~豊中(阪急宝塚線) 19日 19日 18日
淀屋橋~枚方市(京阪本線) 20日 19日 18日
新今宮駅前~住吉(阪堺電軌阪堺線) 21日 20日 19日
新今宮駅前~浜寺駅前(阪堺電軌阪堺線) 24日 23日 22日

JRの定期代は大阪でも得だった

東京ではJRの定期代がかなりお得でしたが、大阪でも、やはり定期代はお得に設定されているようです。

東京同様に、1ヶ月定期なら15日程度、6ヶ月定期なら12日程度で、元を取ることが出来ますね。

JRは全国的に、私鉄に比べると、定期代がお得に設定されているのかも知れません。

阪堺線では、定期を買わないほうがお得な場合も?

阪堺線はちょっと特殊で、定期代は区間によって異なりますが、普通運賃は一律料金(210円)のため、長い区間になるほど、お得度合いが下がっていき、距離が長くなると、1ヶ月定期の場合、月に24日もの日数、往復で乗車しなければ、損益分岐を超えないという結果に。

こんなこともあるんですね。面白いなぁ。

ただし、阪堺線は路面電車のため運行速度が速くなく、しかも並行して走っている別路線もあるので、長い距離を乗る人は、ほとんどいないのではないかと思います。(当方、東京在住のため、実際の事情がよく分かりませんが…。)

名古屋で定期券が得なのか、検証してみた

名古屋では、JR(東海道線、関西本線)、名古屋市営地下鉄(東山線、桜通線)、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)の5路線で検証してみました。

まずは、普通運賃と、定期代を検索。

検証区間 普通運賃 定期代

1ヶ月
定期代

3ヶ月
定期代

6ヶ月
名古屋~大府(JR東海道本線) 320円 9720円 27700円 46660円
名古屋~桑名(JR関西本線) 350円 10050円 28640円 48210円
名古屋~藤が丘(市営地下鉄東山線) 300円 11100円 31640円 59940円
名古屋~今池(市営地下鉄桜通線) 240円 9370円 26710円 50600円
名古屋~金城ふ頭(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線) 350円 12960円 36940円 69990円

続いて、損益分岐日数を計算。

検証区間 損益分岐

1ヶ月
損益分岐

3ヶ月
損益分岐

6ヶ月
名古屋~大府(JR東海道本線) 16日 15日 13日
名古屋~桑名(JR関西本線) 15日 14日 12日
名古屋~藤が丘(市営地下鉄東山線) 19日 18日 17日
名古屋~今池(市営地下鉄桜通線) 20日 19日 18日
名古屋~金城ふ頭(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線) 19日 18日 17日

JRの定期代は名古屋でもやっぱりお得だった

東京、大阪でも他社線よりもお得だったJRは、やはり名古屋でも安定にお得でした。

やっぱり1ヶ月定期の場合は15日程度、6ヶ月定期の場合は12日程度で元が取れるようです。

結局JRは私鉄に比べて、全体的にお得に設定されているのはほぼ間違いなさそうですね。

定期代は本当にお得なのか?まとめ

さて、今回の検証はここまで。今回分かったことをまとめると、

  • JRはいずれのエリアにおいても、他社線に比べて、定期代はお得に設定されている。
  • JR以外の路線は、概ね1ヶ月定期なら月に19〜21日、3ヶ月定期なら月に18〜20日、6ヶ月定期なら月に17〜19日程度で、元が取れる。
  • 同じ鉄道会社や路線でも、区間によっては元が取れる日数が変わることがある。

という感じですね。

そして重要なのは、実際にその路線を使う頻度です。

通勤のために週に5日間、往復で利用すると、祝日がない場合で21日〜22日です。

これでも路線や区間、あるいは定期の期間によっては、損益分岐ギリギリです。

つまり、5月のように祝日が多かったり、夏休みなどまとめて休暇を取得したり、会社以外への直行直帰があったりすると、月の利用日数は減ることになります。

そうなると、定期を買わないほうが得になる人も、実際結構いるのではないでしょうか?

特に1ヶ月定期だと、損益分岐が20日や21日に設定されている区間も多いですからね。

もし気になる方は、ご自身の定期代が何日で損益分岐点を超えるのか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!