僕のブログが分かりやすい文章だとしたら、それは僕の頭が悪いから。

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

ブログを運営していて、読んでくれた方からSNSなどで、コメントをいただくことがあります。

わたしの場合、特に多いのが、「分かりやすかった」「丁寧な文章で読みやすかった」という類のコメント。

そう思っていただけたら嬉しい限りですが、先日こんなことを聞かれました。

どうして分かりやすい文章が書けるんですか?

きっとお世辞じゃないと信じて(笑)、ちょっとマジメに考えてみました。

僕は頭が悪いし、それを自覚している

謙遜するつもりは全くないんですけど、わたしは頭がよくありません。

いわゆる「お勉強」は並に出来たほうだとは思いますが、理解力とか、読解力と呼べるような能力が、どうも劣っているようなんです。

それを最初に自覚したのは、受験勉強のとき。

このブログを読んでいただいている方から、たまに「理屈っぽい」と言われる通り(?)どちらかというと、わたしは理系脳です。

だから数学は割と得意。得点の稼ぎ頭でした。

数学は得意だった学生時代

ところが、現代国語や英語の文章題は、マジで苦手だったんです。

そもそも文章を読んでいても、内容が頭に入ってこないし、理解できない

単語の意味や文法は理解していても、書かれている文章を正しく理解できていなかったり、理解するのにものすごく時間がかかったりするわけです。

この自分の理解力の低さは、会社に入ってからも日々痛感しています。

同じ資料を読んでも、理解するまでにかかる時間は、どうしても同僚の数倍かかってしまいますし、自分だけミーティングの議論についていけないことだって、多々あります。

自分だけ分かってない、ついていけないのって、結構へこむんですよね(笑)

自分だけ会議の議論についていけないことも

また、私生活でも、サスペンス映画とかを見たとき、オチをその場では理解できないまま、見終わってしまうなんてこともあります。

一緒に見た人から聞いて、やっと理解するという(笑)

ディベート(討論会)みたいなのも、相手の主張を理解できないことが多いから、まぁダメ。

とにかくわたしは、書かれている文章とか、人が話している内容を理解するのが、ものすごく苦手なんですよね。

「理解力の低い自分が理解できる文章」を書くしかない

そんなわたしが書いているブログですが、「分かりやすかった」「読みやすかった」というコメントをいただきます。

実はブログじゃなくても、仕事で作成する企画書なども、同じく評価をいただけるので、きっとお世辞ではないでしょう。

もし、自分には分かりやすい文章が書けるとして、それは何故かと考えてみると、たぶん自分自身が「頭が悪いから」なんじゃないかと。

つまり、自分自身の理解力がものすごく低いから、自分でも理解できるような文章しか書けない、ということです。

そして、「理解力の低い自分でも理解できる文章」を書いているから、それがそのまま「読みやすい文章」なんでしょう。

頭が悪い自分が理解できる分かりやすい文章を書く意識

ブロガーの皆さんは、ある程度文章を書きあげたら、きっと読み直して「校正」をしますよね。

わたしはこの「校正」にかなり時間をかけてます。(というか、かかってしまいます。)

例えば、ちょっとでも分かりにくいなと思ったら、文章の順番を変えたり、言い回しを変えてみたり。

最初から最後までつっかえずに、自分がさらっと読めるまで、何度も見直しては修正して、を繰り返しています。

また、リズムよく集中力を切らさずに読めるように、語尾を変えることも頻繁にあります。

~です。~なんです。~です。」のように同じ語尾が続くと、リズムが悪く、読みづらくなってしまうんですよね。

だから、なるべく語尾が続かないように心がけて校正していたり。

 合わせて読みたい 


ですます調+体言止めが最強?! 広告に学ぶ読みやすい文章のコツ : No.2宣言




私のブログは、基本は「です・ます調」ですが、時々あえて「だ・である調」を混ぜたり、体言止めをよく使います。 なぜ、そんなことをするのか? それは、読者が読みやすい文章にするため…

こういう気遣いをしている部分が「分かりやすい」「読みやすい」と評価してもらえているなら、ものすごく嬉しいなと思います。

ということで今回は、「分かりやすい文章を書く」ということについて、自分なりの考えを書いてみました。

文章を読むのが苦手だからこそ、分かりやすい文章が書ける一面って、あるんじゃないでしょうか?

わたしが特に、読みやすい文章を書くために心がけていることは、「文章の始め方」と「語尾」の2つです。

それぞれのコツについては、別のページにまとめていますので、興味があればぜひ。

 合わせて読みたい  接続詞(接続語)や前置きで、文章を劇的に読みやすくするコツ : No.2宣言
文章を書くときに強く意識しているのは、文章の始め方なんです。 今回は、接続詞や前置きを使って、劇的に読みやすい文章を書くコツ…
 合わせて読みたい  ですます調+体言止めが最強?! 文章を読みやすくする語尾のコツ : No.2宣言
基本は「です・ます調」ですが、時々あえて「だ・である調」を混ぜたり、体言止めをよく使います。 なぜ、そんなことをするのか?それは、読者にとって読みやすい…

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!