Excelで積み上げ縦棒グラフの合計値を表示させる方法

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

Excelで積み上げ縦棒グラフを作るとき、一番上に合計値を表示させたくなりませんか?

ほら、こんな感じに。

積み上げ縦棒グラフの合計値

今回は積み上げ縦棒グラフに合計値を表示させる方法を3ステップで解説します。

1.合計値まで含めて棒グラフを作る

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示させるためには、まずグラフの元となるデータに、合計の列(あるいは行)を作っておく必要があります。

例えば、こんな感じ。

あらかじめ「合計」を作っておく

続いて、「合計」の列(行)を含めて積み上げ縦棒グラフを作ってしまいます

合計を含めて積み上げ縦棒グラフを作る

このとき、「合計」が積み上げ縦棒グラフの一番上に来るようにしておきましょう。

もし一番上に来ていない場合は、棒グラフの順番を入れ替えます。

※グラフの上で右クリック→「データの選択」をクリック→▲▼で順番を入れ替えることが出来ます。

「データソースの選択」で棒グラフの順番を入れ替える

作った棒グラフは不格好かも知れませんが、ステップ1としてはこれでOKです。

2.合計値の棒の書式設定を変更する

さて、続いてのステップでは、積み上げ縦棒グラフの一番上にある、「合計」の部分の書式設定を変更していきます。

変更する内容としては、

  • 値を表示させる(データラベルの追加)
  • データラベルを「内側中央寄り」に
  • 枠線なし、塗りつぶしなし

です。

合計の値がまだ表示されていない場合は、グラフの棒の上で右クリック→「データラベルの追加」をクリックします。

次に、追加されたデータラベル(値)の上で右クリック→「データラベルの書式設定」をクリック。

すると、「データラベルの書式設定」のウィンドウが立ち上がるので、ラベルの位置を「内側軸寄り」を選択します。

ラベルの位置を「内側軸寄り」に変更

続いて、再びグラフの棒の上で右クリック→「データ系列の書式設定」を選択します。

205-6

「塗りつぶし」メニューから「塗りつぶしなし」を、「枠線の色」メニューから「線なし」をそれぞれ選びます。

これで、ステップ2は完了です。

3.軸の高さ調整と、凡例の削除

ステップ2までの作業で、既に棒グラフの一番上に合計値が表示されている感じになっているはずです。

既に

最後のステップのは「調整」です。

まず、縦軸ですが、高さが自動調整になっている場合、最大値がかなり大きくなっているはず。

なぜかというと、ステップ2では、あくまで「合計」の部分を透明にしたに過ぎないので、透明になった合計部分を含めて、高さが調整されてるからです。

なので、縦軸の上で右クリック→「軸の書式設定」を選択し、最大値を「自動」から「固定」に切り換え、ちょうどよい高さを手入力します。

軸の最大値を「固定」にして、高さを手入力

最後に、凡例に「合計」が残っていると思うので、不要であれば、「合計」の部分だけを削除してしまいましょう。

これで全てのステップが完了、積み上げ縦棒グラフに合計値を表示させることが出来ました

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示されました

他にもExcelやPowerPointの小技、ノウハウを書いていますので、興味があれば合わせてどうぞ。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!