ウォーターフォールチャート(増減グラフ)の作り方は?Excel2013以前でも作れる方法を解説

こんにちは。Excelを使いこなす会社員、ユージーン(@Eugene_no2)です!

ウォーターフォールチャートって聞いたことありますか?その名前は聞いたことがなくても、実際のチャートは見たことがあるはず。

数値の増減を表すのに便利な、こんなグラフのことです。

今回は、このウォーターフォールチャートの作り方を解説します。

ウォーターフォールチャートとは?

増減を表すのに便利なグラフですが、その「ウォーターフォール」という名前はほとんど知られていないかも知れません。

水(Water)が流れ落ちる(Fall)ような形になっていることが、名前の由来のようです。

規模やその変化を、分解して表現したいときに便利なグラフです。例えば、

  • 年間の売上の変化を、四半期ごとに分解したい
  • 年間の売上の変化を、支店ごとに分解したい
  • 年間の売上を、商品ごとに分解したい

実は、Excel2016 では選べる「グラフの種類」の中に標準搭載されていて簡単に作れることができます。

しかし、Excel2013以前でも、縦棒積み上げグラフの応用で、このウォーターフォールチャートを作ることが出来るんです。

ウォーターフォールチャートの作り方(Excel2013以前)

では、Excel2013以前での、ウォーターフォールチャートの作り方です。ここでは年間の売上の変化を、四半期ごとに分解して表現するグラフを題材にしています。

ウォーターフォールの元データを用意する

まず、グラフにするべき元データを用意します。

用意するのは、グラフの両サイドの大きさ(ここでは2016年と2017年の売上)と、間に入れる項目の増減(ここでは四半期ごとの売上増減)です。

次に、これを、①ベース、②増分、③減分に行を分けておきます。このとき、減分については絶対値に変換(マイナスを取る)しておくことがポイントです。

更に、ベースの部分の空白を、計算によって埋めます。入れるべき関数は次の通りです。

全て相対参照(「$」マークをつけない)で、横にセルコピーします。

ここが一発で理解するのが難しいかも知れませんが、実際にグラフを作ってみると分かりますので、もやもやする気持ちをちょっと抑えて、先へ進みましょう。

はい、これでグラフにする準備が完了しました。

縦棒積み上げグラフでウォーターフォールを作る

データの準備ができたら、さっそくこのデータを使って積み上げ棒グラフを作りましょう。すると、次のようなグラフになります。

勘の良い人はお気づきでしょうが、これは既にウォーターフォールチャートに限りなく近いものができているのです。

まだピンとこない方は、①ベースのうち、両サイド以外の部分を「塗りつぶしなし」にしてみましょう。すると、こうなります。

ほら、これはもう、ウォーターフォールチャートですね。

ウォーターフォールの体裁を整える

既にウォーターフォールチャートになっていますが、もう少し見栄えを整えてみましょう。一例ですが、わたしは次のようにしました。

  • 凡例を削除
  • データ系列の書式設定 → 「要素の間隔」を0%に
  • 棒グラフの色を変更(増加=緑系、減少=赤系)
  • 棒グラフの枠線の色を白に ※境目がはっきりするため
  • 必要な部分は「データラベル」を追加

すると、このように見やすいウォーターフォールチャートになりました。

ということで今回は、増減を表現するのに便利な、ウォーターフォールチャートを積み上げ棒グラフで作る方法を解説しました。

ぜひ、活用してみてください。

他にも、Excelの便利な活用方法を解説していますので、よければのぞいていってください。

合わせて読みたい Excelの便利な活用術・実践的な工夫・小技まとめ
当ブログではたびたび、他のサイトには載っていないような、Excelの便利な活用方法や、実践的な工夫・小技などを紹介しています。