転職でイチバン大事な判断基準は「ワクワクするか?」だと悟った話

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

今や、転職は当たり前と言われる時代です。

しかし、いくら転職が当たり前でも、やっぱり人生の岐路となる重要な選択なわけで、色々迷ったり、モヤモヤするものですよね。

今回は、転職活動中のわたしの経験から、モヤモヤした気持ちが一気に晴れた、ある「気づき」について書いてみようと思います。

転職活動中の悩みとかモヤモヤとか

技術や情報の変化が早い今、そしてこれからの時代、終身雇用なんてものをアテにするのは、リスクでしか無いわけで。

このブログでも、転職を前提にスキルを磨くべき!ということを何度か書いています。

 合わせて読みたい 


転職によって理想のキャリアを築くために必要な考え方とは? : No.2宣言




今回は、転職を前提に、自分の理想のキャリアを築いていくために必要な考え方について…
 合わせて読みたい 


これからのビジネスマンの年収アップパターンをマリオで表現してみたよ : No.2宣言




これからの時代、ビジネスマンが年収を伸ばしていくためのパターンを、スーパーマリオを使って表現してみたいと思います、マジメに。

しかしまぁ、そんな偉そうなこと書いてるわたし自身も、いざ転職しようとした時には、やっぱり怖かったし、いろいろ悩み、モヤモヤが続きました。

基本的には、ビビリなのです(笑)

  • 本当に自分は転職すべきなのか?
  • まだ転職するには時期が早いんじゃないか?
  • 仕事がうまくいってないから、逃げてるだけなんじゃないか?
  • 転職によって失うものは無いのか?
  • ○○社でいいのか?他にもっといい会社があるんじゃないか?

転職活動中、そんな風にモヤモヤするのは、きっとわたしだけではないと思います。

ワクワクするか?それこそが重要だ

そんな風にモヤモヤしていたある日、ふとわたしの心に、ある思いが浮かびました。

それは、自分は、今の仕事にワクワクしていない、ということ。

当時、やりがいも感じてたし、会社からも割と認めてもらってたけど、ワクワクしてるかと言われると、そうでは無かったんですよね。

そこに気づいたとき、悩みやモヤモヤは一気に吹き飛んだことを覚えています。

「ワクワクするかどうか」

究極、これに勝る判断基準はないんじゃないかと、そう思ったんです。

気づき

ワクワクしないなら、そこは既に自分のいるべき場所ではないから、さっさと見切りをつけて転職しようと思えたし、転職先についても、その会社で働くことにワクワクするか?というシンプルな基準で決めました。

もちろん、その判断は、今でも間違って無かったと思っています。

ワクワクこそ一番の判断基準である理由

わたしはなぜ、「ワクワク」がイチバン重要な判断基準だと考えるに至ったのか?

きっと、「ワクワク」ってやっぱり感情に過ぎないので、感情でものごとを判断するのはどうなの?って思う人もいると思います。

確かにそう。合理的に、あるいはロジカルに転職を判断するなら、仕事内容か、成長か、給与か、ワークライフバランスか。それぞれの基準の優先順位を明確にして、一つ一つ企業ごとに検討してみる、なんていうアプローチをすべきでしょうね。

ロジカルな発想のイメージ

それは間違ってないと思います。

ロジカルに検討してみることは大事です。でも、ロジカルだけの検討には、重要な穴があると思うんです。

それは、結論に「自分が納得出来ない」ということ。

確かに、ロジカルに検討して判断した結論は、客観的に見て正しいし、他人に対する説得力もあります。

でも大事なのは、人間は、理屈だけで動ける生き物ではないよね、っていう話。

たとえ理屈が正しくても、そこに感情が伴ってなければ、前向きに判断することって、出来ないと思うんです。

まあ、理屈っぽいとよく言われるわたしが言うのもナンですけど…。

ロジカルに検討して、感情で判断するということ

理屈だけでは納得出来ない。そこに感情も伴うことで、納得できる結論を出せると思うんです。

そして、その感情こそが「ワクワク」です。

ワクワクのイメージ

仕事内容、成長、給与、ワークライフバランス…転職には色んな判断基準がありますが、それらを踏まえて、総合的にワクワクする結論はなんなのか?

そんな風に頭の中で考えたとき、転職活動中のわたしのモヤモヤは、一気に吹き飛んだことをよく覚えています。

いまの会社に残ってキャリアを積むことにワクワク出来なかった。ワクワク出来る仕事は他の会社にあった。シンプルに言えば、そういうことです。

もし、いま転職活躍中、あるいは転職を考えているなら、そしてモヤモヤ悩んでいるなら、ぜひ、「ワクワクするか」という判断基準を持ってみると良いと思います。

ワクワクする転職先を見つけるために、自分の力だけでなく、プロである転職エージェント(キャリアカウンセラー)の力を借りるのも一つの手です。

 合わせて読みたい 


転職したいけど忙しいなら、転職エージェントを使うべき6つの理由 : No.2宣言

今の仕事を辞めずに、働きながら転職活動しようと考えている人が、転職エージェントを活用すべき理由について…

さて、今回は転職活動の教訓として、「ワクワク」の大切さについて書きました。

でも、これって転職活動に限った話ではないと思います。

高校や大学の進路を決めるとき、卒業後の進路を決めるとき、独立を考えるとき、引越しや移住を考えるとき、サイドビジネスやブログを始めようとするとき。

特に、環境が大きく変わるような決断をするときとか、新しいことを始めるとき、「ワクワクするか?」って、実はものすごく大事!

わたしはそう思います。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!