「友達価格で」という人は金儲け=悪だと思ってるんじゃない?

192-3

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

フジテレビ「ワイドナショー」(2016/2/28)で取り上げられた「友達価格」の是非について思うことがあったので書きます。

発端は、このツイート。

このツイートを見てわたしが思ったのは、当たり前のように友達価格を求める人って、お金儲けや利益を出すのは、悪いことだと思ってるんじゃないか?ってこと。

友達だから安くなるのは当たり前なのか?

そりゃあ安いほうが買う側は得するので、安くなるのは誰だって嬉しいですよね。

でも友達価格を要求するなんてこと、わたしはしたこともないし、思ったこともない。

でも、上に挙げたツイートのように、友達だからという理由だけで、値引きされるのが当たり前だと思ってる人がいるんですねぇ。

よろしく頼むよ!友達価格で!

ちょっと信じられない…。

信じられないんですけど、今回はそういう人って、どんな発想してるんだろう?というのを、わたしなりに紐解いてみようと思います。

もちろん仮説の話なので、どのくらい真意をついているかは正直分かりませんが(笑)

友達から利益取るのはオカシイと思ってる?

わたしがたどり着いたひとつの仮説は、友達価格を当たり前だと思っている人って、友達から利益なんか取らないよね?っていう発想が根底にあるんじゃないかってこと。

「友達価格」って、もちろん定義なんか無いと思うんですけど、なんとなく、通常サービスとして行われるレベルを超える値引きのイメージだと思うんです。

多少の値引きなら利益は出るかも知れませんが、友達価格は、利益がほとんど出ないか、下手したら赤字になるようなレベルに値下げするイメージ

友達から利益なんか取るべきじゃないから、お前の友達のオレは、利益が出ないくらい安い価格(それが友達価格)でやってくれるよね?オレから利益なんか取らないよね?

っていうロジックなんじゃないかと思うんです。

さらに根底には、金儲けは汚いという意識があるんじゃないか?

なぜ、友達から利益を取るのはオカシイという発想になるのでしょうか?

もう一つ掘り下げると、さらに根底には、お金儲けや利益を出すことは汚いこと、という価値観があるんじゃないかと思うんですよね。

要するに、

金儲けとか、利益を求めるなんて汚い行為。だから、親しい人からは利益は取らないよな?

っていうロジックです。

友達から利益なんか取らないよね?

つまりわたしの仮説をまとめると、「友達価格」を当たり前に思う人って、

  • 根底に、金儲けは汚いという価値観がある
  • だから、そんな汚いことを友達にすべきじゃないし、友達から利益を取るのはオカシイと思っている
  • だから、友達の俺は、友達価格になって当たり前だと思っている

っていうスタンスなんじゃないか、という話です。

そもそも金儲けは悪いことじゃないよ?

わたしの仮説がどれくらい真意をついているかは分かりませんが、金儲けが汚いという価値観については、わたしは少なくとも否定的な考えを持っています。

日本の国民的アニメ「ドラえもん」で、スネ夫の家が卑しく描かれているように、日本では子どもの頃から「金儲け=汚い」という刷り込みがあるのは否めないですが、金儲けは決して汚くないです。

金儲けは決して汚くないよ!

金を儲けているということは、その分の価値を世の中に生み出していることとイコールですし、利益が出れば、利益を投資に回してより価値のあるサービスを生み出すことも出来るし、利益を消費に回してもそれは、お金が回って経済に貢献していることになるんですから。

人をダマしてお金を儲けるのは本当に汚い行為ですが、金儲け自体は、汚いことでも何でもない、むしろ普通の経済活動です

 合わせて読みたい 


金儲けは汚い?お前が会社に行くのは金儲けじゃないの? : No.2宣言




副業で稼げるようになってきた、みたいな話をすると、必ず「卑しいやつ」みたいなことを言ってくる人がいるんですよね。いやー、マジで意味分からん。…

だから、相手が友達であっても、利益が発生することは別に変じゃないはずです。

むしろわたしは、本当に友達なら、その人のことやビジネスを応援したいし、友達でもプロですから、プロの仕事に敬意を払って、正価を支払いたいという気持ちさえあります

「友達価格」は、サービス提供者側が好意でするもの

ということで、つらつら書いてきましたが、「友達価格」を当たり前に思ったり、自分から求めるなんて、そんなのオカシくねぇ?って話です。

そもそも、「友達価格」って、美容師でも、デザイナーでも、サービス提供者側が「好意で」やるものじゃないでしょうか。

友達だから、その人に喜んでもらえたら嬉しいから、採算度外視でもやってあげたい!

って思って設定するのが「友達価格」だと思うんです。

友達価格は求めるものじゃない!

ちょっと話変わりますが、よく映画やドラマで「友情出演」ってありますよね。

あれって、詳しい人に聞くと、出演者や制作サイドとのつながりで、ノーギャラで出演するのが「友情出演」らしいです。

でもそれも、制作側が、

妻夫木さん、今度の映画、知り合いのよしみでタダで出てよ!

って話じゃないですよね、きっと。出演者側から、

黒澤さんが映画撮るんだったら、お世話になったからタダでも出演しますよ!

っていう話だと思うんです。

プロの役者に「友情出演してよ!」なんて言うのって、なんか失礼ですよね。

友達価格でやってよ!」っていうのも、それと全く同じことなんじゃないでしょうか。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!

192-3