電話嫌いの僕が、電話ばかり掛けてくる人を信用できない理由

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

突然ですが、わたしは電話が大嫌いです。

理由を一言でいうと、相手の都合を考えない、身勝手で暴力的な連絡手段になりうるから。

電話ばかりで連絡してくる人と、わたしはあまり一緒に仕事をしたくありません。

「電話」は身勝手で暴力的な連絡手段

仕事をする上で、電話が不可欠なシーンは多いですが、電話ってつくづく身勝手な連絡手段だなと感じることが多いですよね。

以前に会社で自分が担当していた取引先が、いわゆる「電話文化」が色濃く残っている会社でした。

とにかく連絡が来るのが、必ずといっていいほど電話。

こちらからメールで連絡を入れても「了解しました。」というだけの返事が、電話でかかってくるのです。

電話は受け手の都合を考えない

もちろん、電話というのはたいていの場合、突然かかってきます。

ミーティング中だろうが、移動中だろうが、何かの作業に集中していようが、関係なく掛かってくる。

どうしても出れない状況なら出なければいいですが、出れる場合は出ますよね。

そのたび、自分が取り組んでいる仕事の手を止めることになり、集中力が途切れるわけですよ。

突然かかってくる場合、電話は相手の都合を考えない連絡手段であるわけです。

電話は相手の時間を容赦なく奪う

それが電話の相手ひとりのことならまだしも、相手が誰かと会議をしていたり、ディスカッションしていた場合、誰か一人に電話がかかってくることで会議の議論がストップし、参加者全員の時間を奪うことになるわけです。

わたしは、やたらと電話をかけてくる人も嫌いですが、自分から電話をかけるのも、大嫌いです。

電話をかけるとき、相手がどういう状況に置かれているのか、分からないじゃないですか。

もしかすると、電話に出たくない状況かも知れないし、電話をすることで打ち合わせしている何人かの時間を奪うことになるかも知れない

そう考えると、必要なときでも、電話をかけるのがおっくうになったり、躊躇してしまったりします。

電話ばかりしてくる人には、そういう意識は無いのでしょうか。

電話を多用する人を信用できない理由

わたしは電話という連絡手段が嫌いですが、もちろん「電話」という仕組み自体に罪があるわけじゃなく、「電話を多用する人が嫌い」というほうが正確かも知れません。

電話を多用してくる人は、仕事の相手としても信用できないんですよね。

容赦なく電話してくる人は「気遣いの出来ない人」

以前、作家のはあちゅうさんが、こんなことを書いていました。

知人がネット上で電話のことを「時間のレイプ」と例えていましたが、私もこの考え方に賛成です。というのも、相手の都合で自分の時間を突然搾取される、そんな電話の乱暴さがとにかく苦手なんです。集中して原稿を書いているときや家族との団らん中に突然電話が鳴ると、それだけでテンションが下がり、親しくもない相手の都合に無理やり付き合わされた気になります。何の権利があって、私の時間に踏み込んでくるんでしょうか。(引用:日経ウーマンオンライン

わたしもこの意見には賛同しかありません。

電話が必要な場合というのはありますが、電話の必要性が薄いときにも電話をかけてくる、もしくはメールよりも電話が優先の選択肢になっている…。

そういう人は「気遣いの出来ない人」というレッテルをわたしは貼ってしまいます。

容赦なく電話してくる人は「時間の価値を軽く考える人」

もう一つ。連絡手段として電話を多用する人は、時間の価値を軽く考えている人だとも感じます。

言い換えれば、相手の時間を奪う罪の重さに鈍感な人、ということでもあります。

先ほどの記事の中で、はあちゅうさんはこうも言っています。

会社員の方はイメージしにくいかもしれませんが、フリーランスの場合、時間がお金に直結します。なので、仕事になるかどうかも分からない状態で時間を拘束されることって、それだけで負担が大きいんです。お金にうるさく聞こえるかもしれませんが、移動費も稼働費もタダではありませんし、積み重なると大変なんです。(引用:日経ウーマンオンライン

時間=コストです。フリーランスはそれが自分の生活に直結するので、より敏感になりますが、それは会社員だって同じことです。

給料をもらって仕事をしている貴重な時間を、容赦なく奪われるのは、はっきり言って「損害」。

電話を多用してくる人は、コスト意識やビジネス感覚の乏しい人だなとも思ってしまいます。

ということで今回は、相手の都合を考えない電話の身勝手さについて思うことを書きました。

次回は、現代における、わたしの考える電話のマナーについてです。

次の記事:現代版電話のビジネスマナーはこうあるべき!電話のメリット・デメリット