iPhone(iOS9.3) でブルーライトカット実現!色温度の設定方法を解説

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

iOS9.3 へのアップデートにより、iPhone で画面から発するブルーライトを抑える設定が出来るようになりました!

これは嬉しい機能で、もう早速使ってます。

今回は、iPhoneでブルーライトを抑える設定方法の解説です。

ブルーライトをカットする4つの方法のまとめはこちら。

 合わせて読みたい  メガネだけじゃない!ブルーライトカットする4つの方法まとめ : No.2宣言
わたしにとってブルーライト対策は欠かせず、色々調べたり試したりしました。 そこで今回は、ブルーライトをカットする方法のまとめ…

iOS9.3へのアップデートが必要

ブルーライトを抑える機能を使うには、iOS9.3 へのアップデートが必要になります。

現在のバージョンを確認するには、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」を開きます。

iOSのバージョンを確認する方法

どうしてもアップデートせずに、ブルーライトをカットしたいという方は、次のいずれかの方法を検討してみて下さい。

  • ブルーライト対策メガネ(JINS PCなど)
  • アプリ

ブルーライトをカットする設定

では、ここからは実際にブルーライトをカットする設定について解説したいと思います。

Night Shiftモードをオンに

iPhone の「設定」→「画面表示と明るさ」を開きます。

そこにある、「Night Shift」を開きます。

Night Shiftを開きます

このNight Shiftモードは、iOS9.3 から搭載された機能です。

「色温度」を温かく

続いて、「色温度」のスライダーを「温かく」の方向へ動かしていきます。

単純に言えば、「温かく」の方向へ動かせば動かすほど、ブルーライトを抑えることができます

スライダーで色温度を「温かく」へ動かす

ただし、やってみると分かりますが、「温かく」するほど、画面全体が黄色がかった色になり、画面が見にくくなります。

このへんまでなら許容できる、という色温度をぜひ見つけてみてください。

ちなみにわたしは、こんな感じです。

色温度の設定(わたしの場合)

「手動で明日まで有効にする」をオンに

常時ブルーライトをカットしたければ、「手動で明日まで有効にする」をオンにして下さい。

「手動で明日まで有効にする」をオンに

もともとこのNight Shift機能は、その名前の通り、日の入り後にディスプレイの色を暖色系に切り替えることで、心地よい眠りに役立てるためのものなので、Apple社の想定は、時間を区切ってこの機能をオンにすることのようです。

しかし、わたしは目への影響を考えると、昼だろうが夜だろうが、終日ブルーライトを抑えた状態にしたいので、あえて「手動」にしています。

もちろん、きちんとした色味で画面を見たい場合には、一時的に「手動で明日まで有効にする」をオフにすればOKです。

というわけで今回は、iOS9.3 で新搭載されたNight Shift機能を使って、iPhoneのブルーライトをカットする方法をご紹介しました。

もしかすると、これでブルーライトカットできてるの?と思う方もいるかも知れませんね。

そもそもブルーライトとは、特殊な光でも何でもなく、青い光のことです。そのままですが(笑)

青い光は波長が短く、紫外線にも近い光であり、パソコンやスマホなどの液晶から多く発せられるため、目への影響が懸念されているわけですね。

Night Shiftモードで、画面を暖色系に切り替えることで、青色の光が弱まるので、それはすなわちブルーライトが抑えられてるということなんです。

ちなみにわたしはスマホだけでなくパソコンでも、色の設定により、ブルーライトを抑える設定をしています。

興味のある方はこちらもぜひどうぞ!

 合わせて読みたい 


ブルーライトカットはメガネ不要!パソコンの設定で対策しよう : No.2宣言




今回は、わたしが実践しているメガネなしでも出来る、ブルーライト対策を紹介したいと思います…

また、目の疲れを軽減するためには、ブルーライトだけじゃなく、画面の明るさ(輝度)も重要ですよ!

 合わせて読みたい  パソコンやスマホ画面の明るさ調整で目の負担を軽くする方法 : No.2宣言
パソコンやスマホの液晶の明るさ(輝度)って調整してますか?! 実はわたし、初めて仕事をする場所では、アプリで明るさを測って…

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!