臓器提供の意思表示も!iPhoneユーザーは緊急時に備えてメディカルIDを作成しよう

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

いきなりですが、もしあなたが例えば事故にあって、意識不明の状態になってしまったとしましょう。

救急隊員や医師は、あなたの情報を何も知ることが出来ません。

免許証でも持っていれば名前や年齢は分かっても、適切な治療のためには、血液型、既往症、飲んでいる薬、アレルギーの情報が必要かも知れません。

また、誰に連絡したらいいかも…

そんないざという時のために、iPhoneユーザーは「メディカルID」を作成しておきましょう

iPhoneの「メディカルID」とは?

iPhoneの「メディカルID」とは、緊急時にアクセスすることのできる、カルテのようなものです。

メディカルID」に登録しておくことが出来る情報は、以下の通りです。

  • 名前
  • 写真
  • 生年月日
  • 病気/けがについて
  • 医療メモ
  • アレルギーと反応
  • 使用中の薬
  • 緊急連絡先
  • 血液型
  • 臓器提供の意思
  • 体重
  • 身長

これらの情報をふだんから入力しておくことが出来るのです。

そして緊急時には、iPhoneがロックされた状態でも、パスワードを入力せずともアクセス出来るので、もし仮にあなたが意識不明の状態であっても、iPhoneに損傷が無ければ、救急隊員や医師、近くにいた人がメディカルIDの情報にアクセスすることも可能というわけです。

メディカルIDの登録方法は?緊急時のアクセス方法は?

iPhoneでメディカルIDを登録するには、まずiPhoneに購入時から入っているアプリ「ヘルスケア」を開きます。

真っ白な背景に赤いハートマークが一つ入っているだけのシンプルなアイコンが目印です。

「ヘルスケア」アプリのアイコン

ちなみに、この「ヘルスケア」アプリは、自動的に歩数やウォーキングの距離を記録していたり、なかなか優秀なので、使ったことがない方はぜひこちらもお読みください。

 合わせて読みたい 


過去の歩数も記録済?!iPhoneの基本アプリ「ヘルスケア」で歩数をチェック! : No.2宣言

え?万歩計は持ち歩いてないって? もしもあなたがiPhoneユーザーなら、実はiPhoneに歩数の記録が残ってるかも知れませんよ!…

さて、「ヘルスケア」アプリを開いたら、右下にある「メディカルID」をタップして開きます。

「メディカルID」を開く

続いて、「編集」をタップすれば、入力画面を開くことが出来ます。

緊急時のアクセスを許可するには、一番上にある「ロック中に表示」をONにしておきましょう。

「ロック中に表示」をONにしておこう

入力を終えたら、「完了」をタップすればメディカルIDの作成は完了です。

さて、ついでに緊急時のアクセス方法も知っておきましょう。

もし誰かが倒れていて、あなたが助ける立場にたったとき、その人のメディカルIDにアクセスすることが、その人を救うことになるかも知れませんから。

iPhoneのロックを解除する画面(パスワード入力画面)で、左下にある「緊急」という部分をタップすると、更に同じ場所に「*メディカルID」と表示されますので、そこをタップすれば、メディカルIDにアクセスすることが出来ます。

緊急時の「メディカルID」へのアクセス方法

ただ、一つデメリットもあって、もしiPhoneを落とすなど紛失してしまった場合、拾った人がメディカルIDにアクセスすることが可能だということです。

自分の名前や、緊急連絡先が登録されていれば、そこから個人情報が漏れてしまうという側面もあります。

もちろん、拾ったのが親切な人なら、緊急連絡先にiPhoneが落ちていたことを連絡してくれる、なんていうメリットになる場合もあると思いますが。

もしiPhoneの紛失に気づいた場合は、直ちに遠隔操作で紛失モードに切り換えるのが得策ですね。

とはいえ、何かあったときに、自分の情報をいち早く、正確に伝えることで命が助かることもあるかも知れないし、直ちに緊急連絡先が分かることで、大切な人と最後の時間を過ごせるかも知れません。

そんな事が起きないのが一番ですが、メディカルIDを作成しておく意味はあると思います。

ということで今回は、iPhoneのメディカルIDの登録のススメでした。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!