マンションの低層階(2階)に住んで感じた6つのメリット

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

わたしはいま、14階建マンションの2階に住んでいます。

特にタワーマンションは一般的に、高層階のほうが人気があるわけですが、わたしはつくづく、2階で良かったなぁ、と本気で思っています。

今回は、わたしが実際に住んで感じているマンションの低層階(2階)のメリット をまとめてみたいと思います。

低層階なら、ゴミ出しがラクチン

2階(低層階)の何がいいって、まず、ゴミ出しがものすごく楽なんです

ゴミ置き場はマンションの1階にありますので、非常階段を下って、ゴミをパパっと置いてくることが出来ます。

低層階ならゴミ出しがラクチン

高層階だと、ゴミ袋を持ってエレベーターに乗らなきゃいけないですよね。

もし、エレベーターで他の住人が乗ってきたら、なんか気まずくないですか?

別に悪いことしてるわけじゃないんですが(笑)

低層階で階段を使えば、ゴミ出しで誰かと鉢合わせることはありません。

それに、ゴミを出すのに下手したら1分もかからないので、朝の忙しい時間にエレベーターが来なくてイライラする、みたいな事もないわけです。

特にタワーマンションの高層階だと、上がったり下がったりするのにもなかなか時間がかかります。

低層階なら、何かと外に出やすい

ゴミ出しの話と似ていますが、2階(低層階)なら、何かとすぐに外に出ることが出来るのも大きなメリット。

特に、部屋着姿をあんまりマンションの住民に見られたくない場合、エレベーターに乗るのは厳しいです。

わたしは2階ですから、エレベーターに乗らずに、部屋着のままフラっと外に出てしまいます。

非常階段を使ってフラっと外へ

もちろんロビーなどで鉢合わせるリスクはありますけどね(笑)

また、地震や火事などの災害時でも、低層階ならすぐに外に逃げ出せます

もしエレベーターが止まってしまったら、高層階の住人は大変です。なかなか降りてこれないですからね。

実際、東日本大震災が起きたとき、タワーマンションのエレベーターが止まってしまったケースは少なくなかったようです。

本当に万が一の話、逃げ遅れるなんてことも…

低層階なら、忘れ物もすぐに取りに帰れる

わたしは月に1回くらいはやってしまうんですが、マンションを出てから、傘を忘れた、財布を忘れた、なんてことに気づきます。

でもね、もし忘れ物をしても、低層階ならあっという間に取りに帰れるんですよ。

傘を忘れても低層階ならあっという間!

高層階なら、エレベーターを待ったり乗ってる時間がかかってしまいます。

まぁ、忘れ物しなきゃいいんですけどね(笑)

低層階なら、下の住人を気にする必要がない

わたしは2階に住んでいますが、わたしの住んでいるマンションには、1階に住戸はありません。

つまり、下の階に住んでいる人がいないんです。

マンションのご近所トラブルで、上の階からの物音というのは多いと聞きますが、少なくとも自分たちが下の階の住人を気にしなくていいというのは、メリットなんじゃないでしょうか?

子どもが暴れても下の住民がいなければ大丈夫!

特に子どもがいたら、暴れたりして下の階に迷惑をかけないか、ものすごく神経を使いますからね。

低層階なら、カラダに負担がない

これは低層階のメリットというより、高層階のデメリットですね。

知らない人も多いかも知れませんが、実は高層階はカラダへの負担が大きい、という研究がいくつもある んです。

以前にわたしの妻が、高層階のオフィスビルで働いていたとき、慢性的な頭痛に襲われていたことがありました。

そのとき病院で指摘された原因が、「高層階特有の揺れ」だったんです。

実は高層階はカラダへの負担が大きい

特にタワーマンションに言える話ですが、日本の建築は、耐震がしっかりしています。

耐震というのは、揺れないということではなく、あえて揺れやすい構造にすることで、地震の力を分散させるようにしているそうです。

それは、地震が起きときだけの話ではなく、上空に吹く強い風によって、実は日常的にかすかに揺れているんですって。

この「高層階特有の揺れ」は、当然カラダには負担になり、知らず知らず日常的にストレスを受けていることになります

また、それ以外にも、6階以上に住んでいると女性の流産率が高まる、といった研究結果もあるんだとか。

低層階のほうが子供の健康のためにも良さそう

海外に目を向けると、フランスなど高層住宅の建設を禁止しているような国もあれば、イギリスに至っては育児世帯は4階以上に住んではいけない、と言う法規制まであるらしく…。

日本はそのへん、無頓着なんですかね。それとも土地が狭いから、縦に積上げるのが効率的だからでしょうか。

低層階のほうが、落ち着いてリラックスできる

これも高層階がカラダに負担がかかることと関連しているのかも知れませんが、少なくとも私は、高いところよりも、低いところのほうが何となく気分が落ち着きます。

ホテルの高層階や、ビルの展望台などの高いところに行くと、気分がやや高揚したり、少し緊張した気持ちになるんです。

ところが、屋外で地面に座ったり、土を触ったりすると、妙に気分が落ち着くんですよね。

低いところにいると妙に落ち着く

科学的なことは分かりませんが、それが本来の人間的な感覚なのかも知れません。

部屋で女性を口説きたいのなら、気分を高揚させる高層階のほうがいいのかも知れませんけど、わたしにとって家はリラックスしてカラダを休める場所なので、その点でも低層階のほうがいいですね

マンション住むなら低層階がオススメ!

というわけで今回は、マンションの2階(低層階)に住んでいるわたしが感じているメリット をまとめてみました。

一般的には、マンションは高層階ほど値段や家賃が高く、逆に低層階は割安に設定されています。

(16/10/22追記)値段ばかりでなく、固定資産税についても、高層階を高く、低層階を安くするという動きも出てきています。

タワーマンションは、一般的に眺めが良い高層階の方が人気が高く、分譲価格も低層階より高い。階数が違っても所有者が払う固定資産税が同じになる仕組みを改めるため、地方税法を改正し、高層階になるほど固定資産税が高くなるようにする。
(引用:YOMIURI ONLINE)

分譲の場合のみですが、固定資産税は所有している限り、毎年払い続けるものですので、長く所有する場合は結構な金額差になってくるはずです。(追記ここまで

さて、高層階の値段や家賃が高い最大の理由って、たぶん眺望(見晴し、景色)とか、ステータスだと思うんですよ。

高層階のメリットは眺望とステータス?!

でも高層階のメリットって、住み始めた最初こそメリットですが、長く住む上では、どうでもいいことなんじゃないか と思うんです。(少なくともわたしはそう思います。)

景色なんてそのうち見飽きてしまいますし、わーすごい!って言われるのも最初だけですよ、きっと。

それに比べると、低層階って、日常生活を営む上でのメリットが、たくさんあるんですよね

  • ゴミ出しがラクチン
  • すぐに外に出れる
  • 忘れ物を取りに帰るのも早い
  • 下の住人を気にかける必要がない(2階の場合)
  • カラダへの負担が少ない
  • 気分が落ち着いてリラックスできる

それでいて、値段や家賃、固定資産税は割安。

改めて、マンション住むなら低層階がいいよなぁ、と感じています。

マンションへの引越しを検討されている方は、低層階もぜひ検討してみてはどうでしょう?

タワーマンションの低層階だって、価値はあると思いますよ。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!