五月病?甘え?それ、適応障害という立派な病気かも知れませんよ?

こんにちは。元・適応障害患者のユージーン(@Eugene_no2)です!

五月病という言葉がありますね。

4月から就職や異動などによって新しい環境に身を置いた人に多く、1か月過ぎてゴールデンウィーク明け頃に、うつっぽい症状が出てくるアレです。

何となく、甘えとか、サボリみたいに思われがちな五月病ですが、場合によっては、『適応障害』という立派な診断名がつく可能性もあるんです。

今回は、五月病と適応障害について。

五月病と呼ばれる精神症状

五月病を、Wikipediaで調べると、次のようにあります。

新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。

(引用:Wikipedia

五月病の実際の症状としては、抑うつ、無気力、不安感、疲労感、食欲不振、不眠などが挙げられます。

例えば会社員であれば、4月中は新しい環境に馴染めないなりに頑張り、ゴールデンウィークでしばらく会社から離れると、ゴールデンウィーク明けに、先ほど挙げたような症状が出るケースが多いようですね。

ゴールデンウィーク明けに現れる五月病の症状

「五月病」というのは「サザエさん症候群」のように、正式な病気の名前ではないですし、しかもゴールデンウィークが終わって、会社に行こうとすると都合よく症状が出てくるようなものなので、他人から見ても、本人から見ても、気の緩みとか、甘えとか、サボリとか、仮病とか、そんな風に思われがちです。

でも、そんな風に、都合よく症状が現われるのって、実は適応障害の特徴でもあるんですよ。

五月病は実は「適応障害」?!

適応障害というのは、うつ病とは親せきのような関係で、医師でも診断を迷うことがあるような病気ですが、その症状は、ストレスを目の前にした時にだけ現れるという特徴があります。

わたしは以前、適応障害となり勤めていた会社を3ヶ月ほど休職しましたが、その主な症状は次のようなものでした。

  • はじめは、出勤時に会社を目の前にして、急な吐き気をもよおす
  • 次第に、朝家を出る頃から、吐き気や頭痛がするようになる
  • 夜寝るとき、翌日の仕事のことを考えると不安に襲われ、眠れなくなる
  • でも、体調が悪いので、会社に休みの連絡を入れると、すぐに症状が消えてなくなる
  • 仕事が休みの土曜日には、症状が出ない(翌日仕事の日曜日の夜には、症状が出たりする)

ほら、はたから見ても、かなり都合の良い症状ですよね?

甘えとか、仮病と見られてしまうのも、無理ありません。

甘えと思われても無理のない適応障害の症状

でも、会社の仕事上のストレスが不調の原因となっている場合、このようにストレスに直面した時にだけ症状が起こり、ストレスから離れると、比較的速やかに症状が無くなるんです。

逆に、ストレスから関係のないところでは、びっくりするくらい元気だったりします。

なかなか理解してもらうのが難しいところではありますが、それこそが適応障害の特徴なのです。

合わせて読みたい 適応障害は甘えではない!リアルな適応障害を経験者が語ります : No.2宣言
適応障害で苦しむ本人でさえも、甘えだと誤解をしてしまう傾向があるんです。 適応障害は甘えか?と言われれば、それは違います…

特にマジメで責任感が強い人は要注意

甘えやサボリと勘違いされがちな適応障害には、なりやすい性格タイプに特徴があります。

端的に言えば、真面目で、責任感が強い人です。

とても、仮病を使ったり、甘えて会社を休むようなタイプではなく、実はむしろ、その正反対の、いわゆる優等生タイプなんです。(適応障害を経験した自分が言うのも何ですが…)

合わせて読みたい 適応障害になりやすい人の性格特徴〜適応障害闘病記3〜 : No.2宣言
適応障害には、うつ病にも共通する「なりやすい」人に共通する性格の特徴があります。 このページでは、適応障害やうつ病になりやすい人の性格特徴について…

真面目で責任感が強いゆえに、自分に無理強いをしたり、多少の不調があっても更に無理をしてしまったり、ストレスをうまく消化しきれずに蓄積してしまったりして、あるとき堰(せき)を切ったようにあふれ出してしまうのが、適応障害なのです。

ちなみに適応障害では、抑うつ、無気力、不安感、食欲不振、不眠といった、身体症状や精神症状が生じますが、それは過剰なストレスによって、体のON/OFFを切り替えることで体調のコントロールに重要な働きをする自律神経がバランスを崩し、その結果として、体の様々な部分に症状が現われるためなのです。

怪しいと思ったら早めに心療内科の受診を

さて、今回は、五月病と呼ばれるもののうち、実は適応障害と診断される可能性について、説明してきました。

とはいえ、全ての五月病が適応障害に当てはまるわけではありません。

しばらく休みが続いて仕事から離れていると、仕事に戻るのが憂うつになるのは、全く普通のことだと思いますし、それだけでは適応障害とは呼べません。

適応障害と診断されるためには、

  • 日常生活や仕事に支障をきたすほどの症状がある
  • 環境変化によるストレスが原因となっている
  • ストレスから離れれば、症状は改善する
  • 他の病気の所見が見られないこと

という基準を満たしている必要があります。

詳しくは、こちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

合わせて読みたい 適応障害チェックをしよう!自分でも分かる診断基準4つ : No.2宣言
今回は、「もしかして私は適応障害かも?」と迷った時に、まずやってみて欲しい、セルフチェックの方法について…

あれ?もしかして自分、当てはまるかも?って思った方は、早めに心療内科を受診することをオススメします。

なお、これは経験談ですが、心療内科ならどこでもいいというわけではなく、結構オススメできないような病院・クリニックも多いんですよね。

心療内科の選び方をまとめていますので、こちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい 【心療内科の選び方】経験者が教えるハズレ医師で消耗しない方法 : No.2宣言
まともな医師になかなか巡り合えることが出来ず、心療内科を転々とし、失望したことさえあったのです。 今回は、そんな私の経験を元に、心療内科の選び方・探し方を…

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!