人事担当者の皆さん!うつ病になりそうな人こそ採用すべきですよ!

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

日本企業の中には、入社試験の一環として、ストレス耐性のチェックを行う場合があります。

試験の目的の一つはもちろん、うつ病などになりそうな人を採用しないことですよね。

でもね、休職経験のある私に言わせると、それってマジでナンセンスなんですよ!

むしろ、うつ病になりそうな人こそ、企業は採用すべきだと思うんです。

社員がうつ病になったら、会社は大損害?!

私は自分自身が「うつ病の1歩手前」の適応障害となり、休職したことをきっかけに、適応障害やうつ病について詳しくなりました。

合わせて読みたい 適応障害とうつ病の最大の違いは症状の持続性 : No.2宣言
適応障害は悪化するとうつ病へと進行する、「うつ病予備軍」的な側面があるのです…

確かに、従業員がうつ病などのメンタルヘルス疾患になってしまったら、会社にとっては大きな損害になります。

以前に、「【悲報】私が休職したことで会社は200万円を負担した計算に」という記事でも引用しましたが、内閣府が行った試算によると、年収600万円の社員が6カ月休職した場合に会社が負担するコストは、422万円にも上るそうです。

合わせて読みたい 【悲報】私が休職したことで会社は200万円を負担した計算に : No.2宣言
私は、適応障害と診断されて2ヶ月以上、会社を休職しました。
試しに年収と休職期間で試算してみたところ、なんと約200万円という結果に…

もちろん、そのまま社員が早期退職してしまえば、せっかくお金をかけて採用した人材を失うわけですから、それこそ大損というもの。

だから企業は、できるだけ、うつ病などになりそうな人を採用したくないわけです。

確かに、「休職や退職による損失」という側面だけを考えれば、入社前にストレス耐性チェックを行うのも、まあ納得できます。

でもね、それだけじゃないんですよ。

むしろ私は、うつ病になりそうな人こそ、企業は採用すべきなんじゃないかと思っています。

私がそう考える理由は大きく2つ。

うつ病になりやすい人は、マジメで仕事が出来る人!

うつ病になりやすい人の特徴って知っているでしょうか?

他人とのコミュニケーションが苦手でも、責任感がないわけでも、ダメ人間でもありません。

もしそう思っている人がいるとしたら、大いなる勘違いです。

うつ病になりやすい人の特徴とは、

  • マジメで責任感が強い
  • 最後まで諦めずに、やり遂げようとする
  • 周囲に対してよく気を配ることが出来る
  • 思考が現実的で、ものごとを冷静に捉えることができる

といったタイプです。

ここに挙げた特徴から分かる通り、うつ病になりやすい人って、本来、会社員としては優秀な人たちなんです。

合わせて読みたい うつ病になりやすい性格タイプ3パターンを解説します : No.2宣言
今回は、誤解している人の多い、実はうつ病になりやすい3つの性格タイプについて解説…

もしうつ病になりそうな人たちだけの組織があったとしたら、もしかしたらかなりのハイパフォーマンス集団かも知れません。

しかし、マジメで責任感が強いために、強いストレスがかかっても、弱音を吐かずに頑張り続けてしまうのです

悪く言えば、息抜きが下手で、ストレスを発散できずに内側に蓄積させてしまいます。

それが限界を超えたとき、適応障害やうつ病という形で脳の異常に発展してしまうのです。

合わせて読みたい うつ病や適応障害は心の病気じゃなく、脳の病気ですよ! : No.2宣言
一般的に「心の病気」と認識されているせいなのか、精神論を語ってくるなど、誤解や偏見を持った人が未だに多い…

うつ病になるのは、人の問題より会社の問題!

うつ病になりやすい人がいくら優秀でも、うつ病になってしまったら、確かに会社にとっては損害です。

(もちろん、一番損害なのは本人ですが。)

ですが、うつ病になりやすい人がみんなうつ病になるのかというと、そんなことはありません

うつ病になりやすい人の中で、本当にうつ病になる人なんて、ごく一部なんです。

ではなぜうつ病が発症するかといえば、その原因はストレスであり、そのストレスを吐き出せずにため込んでしまうことです。

極論を言えば、完全にストレスフリーな職場があるとしたら、その職場からうつ病患者がら生まれることなんてないのです。

また、ストレスがあったとしても、上司や周囲が気づいてフォローしてあげれば、うつ病にまで至る可能性はグンと下がります。

つまり、うつ病になるのは、うつ病になる本人だけに問題があるだけでなく、会社側(職場)にも問題があるわけですね。

うつ病になりそうな人を採用しないような努力ばかりするより、うつ病などを出さない職場に出来るよう、ストレスマネジメントに力を入れましょうよ!って話です。

うつ病になりそうな人を積極的に採用しよう!

というわけで今回は、企業はうつ病になりそうな人を毛嫌いするんじゃなく、むしろ積極的に採用したほうがいいよ、という話でした。

うつ病になりそうな人は、会社員として優秀なわけですから、そういう人を採用し、組織としてメンバーのストレスマネジメントに取り組めば、メンタルヘルス疾患でメンバーが離脱する可能性は、そう高くはないんです。

そういう集団が、最強の組織なのかも知れませんね!

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!