ブランド米「ミルキークイーン」を食べてみた!特徴とか炊き方とかまとめ

こんにちは。お米大好きブロガーのユージーン(@Eugene_no2)です!

コシヒカリの系統で、農林水産省が音頭を取って開発したブランド米「ミルキークイーン」をご存知でしょうか?

先日、この「ミルキークイーン」をいただいたので食べてみたんですけど、これがかなり美味かったので、ご紹介したいと思います。

「ミルキークイーン」ってどんなお米?

コシヒカリ、ササニシキ、あきたこまち、ひとめぼれ、つや姫…

お米の名前って、表記こそカタカナであっても、語感としては「和風」な名前が一般ですよね。

そんな中にあって、「ミルキークイーン」というお米らしからぬ「洋風」な名前

名前からして外来種なのかと思いきや、コシヒカリの系統で、茨城県のつくば農業研究センターで生まれた、れっきとした日本のお米です。

しかも、農林水産省が「お米の新たな可能性を」と音頭をとった中で誕生したという、まるでエリートのようなお米なんだとか。

ミルキークイーンは、農林水産省の音頭の元に、大学、民間企業、公立の研究所などが協力しあって、これまでに育成された新種のお米の可能性をさらに拡大し、用途を広げようという計画(スーパーライス計画)の中で誕生しました。

ちなみに、「ミルキークイーン」という名称は、玄米が普通のお米に比べて、乳白色をしていることに由来しているそう。

「ミルキー」と聞くと、味をイメージしてしまいがちですが、由来は見た目だったんですね(笑)

精米したミルキークイーン

ちなみに、この写真は玄米ではなく、精米したものなので、普通のお米と見た目はあんまり変わりません。

「ミルキークイーン」を実際に食べてみた

わたしの場合は、結婚式の引出物のカタログに「ミルキークイーン」が載っていて、前から興味があったので、頼んでいただいてみました。

「ミルキークイーン」の炊き方は?

「ミルキークイーン」もお米なので、基本的に炊き方は一緒ですが、炊くときに普通のお米よりも水の量を少な目にするのがコツ。

だいたい普段の水の9割くらいでOKです。

ただし、ミルキークイーンは粘り気が強いので、炊き上がったら、しゃもじで底からひっくり返すようにしないと、固まってしまうようなのでご注意を。

炊き上がったミルキークイーン

「ミルキークイーン」の特徴は?

実際に「ミルキークイーン」を食べてみて一番に感じる特徴は、何と言っても「粘り気」と「モチモチ食感」です。

ふだん食べているコシヒカリと比べると、もっちり感がとても強く、かなり粘り気があります。

実際、低アミロース米というらしいんですが、一般的なお米(うるち米)よりもアミロース(でんぷん)が少ないため、粘り気が強くなるんだとか。

ちなみに、もち米はアミロースがほぼゼロらしいので、「ミルキークイーン」は一般的なお米(うるち米)ともち米の中間と言えるかもしれませんね。

低アミロース米の品種としては、「ミルキークイーン」の他にも、「ゆめぴりか」が有名です。

また、これも低アミロース米の特徴でもあるんですが、冷めても硬くなりにくいので、「冷めても美味しい」というのも、特筆すべき特徴ですね。

「ミルキークイーン」が合う料理は?

「ミルキークイーン」はそのまま食べてもすごく美味しいので、和食なら比較的どんな料理にも合いそうです。

特に、「ミルキークイーン」は冷めても美味しいので、お弁当とか、おにぎりにするのも、かなりオススメです。

ただし、粘り気が強いので、チャーハンにするには向かない気がします。

あとは、スープカレーみたいな汁物も、べちゃべちゃになってしまうかも。

「ミルキークイーン」はどこで買えるの?

「ミルキークイーン」はまだそれほどメジャーな品種ではないせいか、あまりスーパーでは見かけない気がします。

一度、お米屋さんに置いてあるのを見たことがあります。

もし近くに売っているお店が無ければ、ネットで注文するのがいいと思います。

だいたいどこで買っても500円/kg くらいです。

お米って重いので、送料が多少かかっても、届けてもらったほうがラクですし。

わが家ももっぱらネットで注文です。

ぜひ気になる方は、試してみてください。

わが家では他のお米の品種も食べますが、ミルキークイーンもぜひストックしておきたいですね。

料理に合わせてお米を変えるのが理想なので。

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!