私が救われた「仕事を憎んで人を憎まず」というコトバ

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

以前、仕事でミスをおかし、取引先に大迷惑をかけてしまった事がありました。

大人になってこんなに怒られることある?ってくらい、怒鳴られたりもしました。

でも最終的に救われたのは「仕事を憎んで人を憎まず」という取引先からの言葉。

今でもとても印象に残っているので、ご紹介。

仕事で大ミス。とにかく落ち込んだ

社会人になって4年目くらいの頃。仕事も覚え、ひとり立ちし、一人前に仕事がデキる気になっていました。

そんな奢りもあったのかも知れません。

あるとき、大事な連絡をし忘れるという、超凡ミスをしでかし、取引先に大迷惑をかけてしまいました。

電話越しで、取引先の担当者から怒鳴り散らされ、わたしは間違いなく電話にも関わらず、頭を下げまくっていたと思います。

翌日には、上司・役員まで連れて謝罪。そこでも激しく怒られ、当然社内からも怒られ…。

本当に凹み、しばらく落ち込んでいました。

そんなに怒られ、他人に迷惑をかけたこたなんて、いままでの自分の人生で無いくらいだったのですよね。

取引先から最後に言われた言葉

その数ヶ月後、わたしはその取引先の担当を外れることになりました。

ミスの責任を取ってというわけではなく、単に配置換えではあったのですが、わたしはこれから仕事で挽回しようと意気込んでいた頃でした。

しかしそれも叶わず、取引先に申し訳無い気持ちを残したまま、引継ぎ挨拶のために、後任担当者とともに、取引先を訪れました。

たぶん、わたしはここでも常に申し訳なさそうにしていたのが、取引先に伝わったんでしょうね。

最後に電話越しに怒鳴られた、取引先の担当者から、こんな一言を言われたのです。

仕事を憎んで、人を憎まずですから、経験を糧にして下さい。またいつか一緒に仕事が出来るといいですね。

わたしは思わず、涙が出そうになりました。

心遣いだけでももの凄くありがたかったのですが、「仕事を憎んで人を憎まず」という言葉に、わたしは心を救われたんです。

「仕事を憎んで人を憎まず」の意味とは?

実は、引継ぎ挨拶時にこの言葉を言われたときには、瞬時に意味を理解することが出来ませんでした。

勘の良い方は分かると思いますが、これは「罪を憎んで人を憎まず」という言葉を由来にしたものです。

罪を憎んで人を憎まずとは、犯した罪は憎むべきだが、その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、罪を犯した人そのものまで憎んではいけないという教え。
(引用:故事ことわざ辞典

つまり、「仕事を憎んで人を憎まず」とは、わたしのした仕事やそのミスについては憎むべきものだが、あなた自身を憎んではいないよ、ということです。

この言葉の意味を理解するまで、わたしは自分自身の未熟さを責めていました。

当然、取引先からも憎まれてる、責められてると思い込み、苦しんでいました。それくらい、怒鳴られましたからね。

でもこの言葉を聞いて、理解して、

ああ、あれだけ怒鳴られて叱られたのは、自分の「仕事ぶり」についてであって、自分自身の人間を否定されたわけじゃなかったんだ。

と思う事ができたとき、心がふっと軽くなったことを覚えています。

そして、ダメだった「仕事ぶり」に目を向けることができ、同じことを繰り返さないためにどうすればいいか、自分の中で消化する事ができたんです。

仕事で人間が否定されることなんて無い

今振り返って冷静に考えれば、仕事はしょせん、たかが仕事でしかなくて、仕事によって人間性が否定されることなんて、あるはずがない、と思えます。

でも、現実には、指導する立場の人間も、指導される立場の人間も、「怒る」と「叱る」の違いが分かっていないことが多いなと感じます。

「怒る」は感情の表現、「叱る」は指導の方法。わたしはそう考えます。

「怒り」は時に相手の人間性を否定してしまう可能性、あるいは人間性を否定されたと感じてしまう可能性がある。

だからわたしは、今では上の立場に立つことも増えましたが、部下がミスをしても、叱ることはしますが、怒ることはしないと決めています。

そう、ミスした部下の「仕事を憎んで、人を憎まず」ということです。