Siriを使ってBingではなくGoogleやYahoo!でWeb検索する方法

こんにちは。ユージーン(@Eugene_no2)です!

わたしはiPhoneユーザーですが、色々な場面でSiri(音声認識アシスタント機能)を使っています。

ですが、Web検索に関しては、全く使っていませんでした。なぜなら、SiriのWeb検索は、GoogleやYahoo!ではなくBingだから。

でも最近、Siriでも、GoogleやYahoo!を使って検索する簡単な方法があることを発見したんです。

SiriのWeb検索は、Bing検索

Siriはホームボタンの長押しで起動でき、あとは話しかけるだけで、アプリを起動したり、タイマー、アラーム、電卓、メールなどの基本アプリを操作することが出来ます。

 合わせて読みたい 


Siriの便利で実用的な使い方5選 : No.2宣言




操作によってはSiri はかなり実用的だと感じています。 そこで今回は、Siriの便利で、実用的な使い方について…

また、「シロクマの体重は?」などと話かければ、Web検索を行うことも可能です。

ところが、逆に知らない人も多いかも知れませんが、Siriが通常行うWeb検索は、Microsoft社の検索エンジン「Bing」なんです。

お馴染みのGoogleではないんですね。

日本の検索エンジンシェアは、圧倒的にGoogleが強く、2015年8月時点で、日本におけるBingのシェアは、5.67%ほど。

日本ではGoogleが61.12%に対し、Yahoo!が32.57%、Bingは5.67%。一見、Yahoo!が健闘しているように見えるが、Yahoo!JAPANの検索エンジンアルゴリズムはGoogle製を採用しているため、事実上Googleの寡占状態なのだ。

(引用:ASCII.jp

また、良し悪しは付けられませんが、Google検索では、1ページ目(10位以内)に入るサイトでも、Bing検索だと4ページ目以降(31位以下)なんてことも珍しくないくらい、検索結果は変わってきます。

あ、ちなみにブログやWebサイト運営されている方は、Bing対策もしておいたほうがいいですよ!

 合わせて読みたい 


[ライブドアブログ]Bingウェブマスターツール登録でSEO対策してみた : No.2宣言




Siriの検索はBingらしく、これは無視できないので、まずは「Bingウェブマスターツール」に登録してみました。 今回はライブドアブログでの登録方法と、登録後の検索順位の変化…

とにかく、検索は使いなれたGoogleがいいなぁと思っていることもあって、SiriのWeb検索は使っていませんでした。

SiriでGoogleやYahoo!を使ってWeb検索する方法

ところが、色々Siriを使って試しているうちに、SiriでもGoogleやYahoo!でWeb検索する方法があることを発見しました。それも極めて簡単な方法で。

Siriに、

Google

とだけ話しかけるのです。すると、

何を検索しますか?

何を検索しますか?

と返ってくるので、続けて検索したいキーワードを話しかけるだけです。

すると、Googleの検索結果の画面へ飛んでくれるんです。

Googleの検索結果へ

ものすごく簡単ですね。

これと全く同じ方法で、Siriに

Yahoo

とだけ話しかけると、同じように何を検索したいか聞かれるので、検索したいキーワードを話しかければ、Yahoo!の検索結果の画面へ飛んでくれました。

Yahoo!の検索結果へ

ということで今回は、Bing検索がデフォルトのSiriで、Google検索やYahoo!検索を使う方法の紹介でした。

ちゃんと調べものをしたいときには、何度も検索ワードを変えたりするので、Siriに利便性は感じませんが、言葉の意味とか、ちょっとした調べ物ならば、Siriが役に立ちそうですね。

Siriに何が出来るのかについて、こんな記事も書いてます。

 合わせて読みたい 


Siriの使い方は?「オッケーGoogle」のCMと同じ質問をぶつけてみた : No.2宣言




GoogleのCMで出てきた、Googleへの質問を、全部Siriにもぶつけてみることにします。こちらの意図通りにアクションしてくれる質問もあれば、うまく行かないものも…

では、今日も頑張らずに楽しんでいきましょう~!